日本全国の病院、医院、診療所、歯科医院を地域と診療科で探すことができます。
もどる
 

片頭痛について教えて下さい。
【片頭痛】

片頭痛は、脈打つように「ズッキンズッキン」と激しく痛み、ひどいときには吐き気や嘔吐を伴い日常生活も妨げられる頭痛です。
頭の一側からこめかみにかけて多く出現します。

思春期頃から発症することが多く、成人の約8%が片頭痛の持ち主です。
女性に多く、男性の約4倍とされています。
片頭痛は完全に治すことはできません。ただ、片頭痛の正しい知識を身につけ、上手に対処することで、快適な日常生活を送ることができます。

片頭痛は脳血流が増える場合に生じる拍動性の痛みです。
脳は絶えず多くの酸素を要求します。梅雨の時期には気圧が低くなることから空気中の酸素濃度が低下し、それを補うために脳血流が増えます。
飲酒や二日酔で頭痛がするのも、高山病で頭痛がするのも脳血流が増えるために生じるものです。

片頭痛の特徴
1.脈拍に合致したズッキンズッキンとした痛みである。
2.痛みは頭の片側のことが多いが、両側性の時もある。
3.頭痛は、数日〜数週間の間隔をおいて発作性に現れる。
4.一回の頭痛は数時間から3日間ほど続く。
5.前兆としてキラキラし見にくくなることがある。(閃輝暗点)
6.頭痛時に悪心(吐き気)や嘔吐などを伴うことが多い。
7.音や光、におい刺激で頭痛が生じたり強まることが多い。
8.明け方から目覚めの時に頭痛発作が起こることが多い。
9.頭痛の強い部分を手で圧迫すると痛みが和らぐ。
10.遅くとも30歳ころまでには発症する。
11.頭痛時に腹痛や下痢、発熱などの症状がでる。
12.血縁者の中に似たような頭痛を訴える人がいる。

片頭痛の治療法の中心は薬物療法です。
現在までにわかっている範囲では、薬物以外の物理療法や食事療法などの方法で薬物療法を上回るものはありません。

片頭痛の薬物療法には大きく分けて二つの方法があります。
一つは頭痛発作が出る時のみに対処する方法で、これには片頭痛の特効薬であるトリプタン剤やNSAIDSと言われる消炎鎮痛剤があります。
これに対し頭痛を予防するようなお薬もあります。
片頭痛の予防効果が認められている薬は、抗うつ薬、β遮断薬、バルプロ酸、カルシウム拮抗薬、ビタミンB2などがありますが、日本ではカルシウム拮抗薬の塩酸ロメリジンとバルプロ酸が保険適応となっています。

正確な診断と的確な薬物療法を行うことにより、片頭痛発作の著明な軽減が期待できます。
【★頭痛と脳卒中から守ります!★ つかだ内科クリニック】


HOME
Copyright © since2003 MyKomon Project All Rights Reserved.