トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 入れ歯

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 6 月 12 日 09:20:43

回答先: 入れ歯 投稿者 HEY 日時 2000 年 6 月 04 日 20:50:21

 30代後半であと4本ですか。
 うーーん…とちょっと唸ってしまいますねー……

 今まで入れ歯は使用されていなかったのでしょうか?使用していれば
多分こういう質問ではないかな…と思いますが。

 健康保険の入れ歯の場合でしたら、大雑把に言って、初診からの総額
で2割負担なら上下で2万円、3割なら3万円ほどでしょう。入れ歯の
値段だけです。入れ歯製作に当たって残った4本の歯の処置が要る場合
また変わってきますし、上顎は歯がないということですが、全くないの
ではなく根がいくつか残っているのであれば抜歯の処置の費用も要りま
す。
 保険の入れ歯は床部分がプラスチックでレジンとスルホンの2種類あ
り、また人工歯も陶歯・レジン歯・硬質レジン歯等ありますが、保険の
場合は細かいことは主治医の診断に任せれば良いと思います。
 保険の利点は安価であることです。欠点は床部分の厚みが薄くても1
.5ミリあり違和感を感じることです。
 
 保険が利かない入れ歯にする場合、良く勧められるのは上顎だと真ん
中の部分が金属で薄く製作する金属床義歯があります。コバルトクロム
という合金が良く使用されます。薄く出来るので装着感がいい、食物の
温度が良く伝わるなどの利点があります。
 他にさらに軽くするためチタンを使用したり、水分が通り抜ける構造
のものもあります。
 費用は医院によりまた材質によりいろいろですが、上顎のみでも15
万〜30万ほどでしょう。50万円の義歯とか100万円の義歯を作る
歯科医もいます。材質だけでなく様々な付加価値を付けています。
 人工歯も、金属のブレードを付けて噛みやすくしたりするとまた、費
用は変わります。

 下顎は、床部分を薄く金属にすることと、人工歯をどうするか以外に
残った歯をどう利用して入れ歯の維持に利用するかでまたいろいろあり
ます。鉤にするか、冠(コーヌス)にするか、アタッチメントにするか
磁石にするか…
 また、インプラントを使用した義歯にするとか…
 この辺は言葉で書いてもよく分からないと思いますので、実際診察を
していただいて、こういうものが合うでしょう…という範囲内で選ぶと
いいと思います。

 最初に入れ歯を入れると、多分強い違和感があると思います。気持ち
悪かったり喋りにくかったりします。入れ歯を入れたらすぐ何でも良く
噛めるとは限りません。馴れも要りますし、完成後も使用しながら調整
も要ります。これは保険・保険外の義歯を問わず発生します。

 入れ歯は噛むこと以外にも、容貌を整える、発音を良くするといった
効果もあります。
 一応、いろいろな種類について少し書きましたが、お金を払えば良く
噛めるいい入れ歯ができるとは限りません。高齢者の場合は顎の状態が
良くなくてなかなか噛める入れ歯が作りにくいと言うこともありますが
30代であれば多分顎の骨の状態はまだ良好でしょうから良く噛める入
れ歯は出きると思います。
 私が作るとしたらまず、保険の入れ歯にすると思います。

 お勧めの医院といっても、近くの知り合いの方に聞くのが無難です。


 
 
                   ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                       はせがわ歯科医院
                        長谷川 千尋♂
                    愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
                   tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.