トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 7歳子どもの上前歯の生え変わり

投稿者 長谷川千尋 日時 2004 年 3 月 30 日 00:12:08

回答先: 7歳子どもの上前歯の生え変わり 投稿者 まゆみ 日時 2004 年 3 月 27 日 11:39:20


歯の交換時に乳歯を抜歯する理由としては、
1,永久歯が萌出してきているのに乳歯が残っていてしかもあまり動揺していない場合
2,乳歯が大きな虫歯などで問題がある場合
3,乳歯の根の吸収が正常に行われていない場合
4,動揺してきているが、歯の動揺によって食事・会話に差し障りがある場合
5,動揺している時に菌が入って腫れてきた場合
6,歯並びの関係で永久歯の位置を誘導する場合
7,過剰歯がある場合
…などあります。
 
>>上の前歯の1本が9月ごろ(7歳1ヶ月)からグラグラし始め、10月頃にはかなり揺れていました。
ぐらぐらしてきているということは、すぐ下に永久歯があるのではないか?と思います。一旦歯茎がくっついてしまうと下の永久歯が突き破りにくくなる場合があります。
>>早く抜きすぎて歯茎が硬くなっちゃって出てこないんじゃないかとか(もちろん素人考えなのですみません)思ってしまったり、
 この考えは間違ってはいません。
この場合すぐ下に永久歯があるのなら、切り込みを少し入れてやれば直ぐ永久歯は生えてきます。この場合の開窓術の点数は140点(歯茎を僅かに切るだけ)または450点(正中のスジも少し切る場合)です。2本で1000円から3000円くらいでしょう。
 以前に歯の打撲を負っている場合、永久歯の成長より早くぐらついて抜けてしまう(またはあえて抜歯する)こともあります。この場合は歯茎が硬くなっただけでなくまだ骨があるので、骨も削って永久歯を出す必要があります。
 この場合には、2820点ですから、2本で3割負担で計算すると17000円くらいになります。この開窓術の場合相当な時間がかかると思います。埋まっている過剰歯や横向き親知らずの抜歯でも1000点から1100点ですから、その倍以上の点数と言うことは相当困難な開窓術です。
 
 上の真ん中の前歯の萌出時期は7〜8歳です。個人差がありますから6歳で出てくる子もあれば9歳近い場合もあります。どちらかというと最近は早めが多いです。それでもまだ7歳ですから、いままだ生えていなくても永久歯の成長が遅すぎるとは言い切れません。
 すぐ開窓しなくても良いのではないか?とも思います。
 過剰歯があったり、あるいはレントゲンではっきりおかしい異常があれば、今開窓をすることもあるとは思います。
 
 


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.