トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

そんなに削らないといけないのでしょうか?

投稿者 佐藤  地域 国外  日時 2004 年 3 月 29 日 11:46:59
はじめまして。海外在住の佐藤(女、22歳)と申します。
担当の歯医者さんに検診で虫歯はないと言われました。その歯医者では、一本義歯は作っていないため、以前通っていた歯医者さんに検診10日後に行き、入れ歯のみを作ってもらうことにしました。その際に入れ歯の支えの両サイドの歯を治療しなければならないとの事でした。一本の歯(5番)は、虫歯しらずの歯だったのですが、側面に虫歯があると言われました。見せられ、茶色い細い線(コーヒー、お茶の汚れって事ないでしょうか?)になっていました。もう一方の歯は、詰まっている銀が(側面、歯茎の隣)尖った鉛筆の先で軽く押した程の穴をみせられ、銀がとれていると言われました。

入れ歯を作る為、もし知覚過敏になるようだったら作るのを遅らせようと考えましたが、先生にそんなことはないでしょうと言われ、そのまま入れ歯を作る事にしました。しかし、両方の歯がひどい知覚過敏になってしまいました。神経を抜く予定です。

担当の先生に知覚過敏のことを告げ、レントゲンをとってみてもらったら、神経近くまで削られているとの事でした。この先生に検診時に虫歯はレントゲンにうつてなかったのか?と再三尋ねましたが、ないとの事でした。担当医はそれ以上コメントしたくないようでした。

そんなことでこちらでお尋ねしたいのですが、レントゲンに写らないほどの虫歯でも神経近くまで削らなければならないなんてことが本当にあるのでしょうか?
銀の詰めたものが鉛筆の先ほど取れてしまった際も神経近くまで削らないといけないのでしょうか?

ご回答頂けましたら幸いに思います。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.