トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 1回の治療の麻酔量

投稿者 長谷川千尋 日時 2004 年 3 月 15 日 22:35:37

回答先: 1回の治療の麻酔量 投稿者 平田はるこ 日時 2004 年 3 月 13 日 00:15:22

下の奥歯辺りは骨が厚く、麻酔の効きにくい場所です。普通に余分に打っても周囲の歯ぐきや頬や唇の方に広がるだけでなかなか歯まで効かないです。対策としては極細の注射針で歯と骨の間に打つ(歯根膜麻酔)とか、下顎に入ってくる大元の神経に麻酔する(伝達麻酔)などがあります。…というようなことはこうしてくれ、と患者さんが言うことではなく先生の方が考えてほしいところです。

 どうしても効きにくい場合、その日は治療を中断し(途中でも穴は仮詰めする)、日を新たにすると効くこともあります。体調にもよりますから。
 
  虫歯の治療の内容がよく分かりませんが、もし、神経を取ったのなら、次回は強い痛みはないのではないか?と思います。
 神経を取らずに詰めるだけだとして、まだほかの場所にあるとして、他の部位は効きにくいことはあまりないと思います。もし、また効かない場合はその日の治療は止めることにしたらどうかと思います。
 回数が増えて面倒にはなりますが。


 

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.