トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 根の治療の薬

投稿者 長谷川千尋 日時 2004 年 3 月 14 日 20:21:12

回答先: 根の治療の薬 投稿者 ようよう 日時 2004 年 3 月 10 日 19:33:27


吸収される部分に入れてあるわけではないので、問題はありません。仮封が取れて漏れたときに薬の味がして嫌な感じがすることもありますが、厳密に言えば微量吸収されるでしょうが問題はありません。
 FCが使われなくなった…ことはないと思いますが。歯科医により使う薬は差がありますので使わなくなった先生はそういうかも知れませんが、まだ私は時々使用しています。
 多くの発ガン性のあるものは、長期にさらされると可能性が出てきます。水道水のトリハロメタンとか、消却すると出るダイオキシンとか。食品の焦げ目もそうですね。
 FCのホルマリンには発ガン性はあるようですが、長期にさらすものではないので問題はありません。

 唾液にはガン抑制の作用があります。良く噛むこと自体にも免疫を上げガンを抑制する働きにもなると言われています。良く噛んで唾液をいっぱい出すようにするとよりよいと思います。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.