トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 不安

投稿者 長谷川千尋 日時 2004 年 3 月 09 日 20:14:00

回答先: 不安 投稿者 ポコ 日時 2004 年 3 月 08 日 20:52:49

ごくたまに感じる症状であれば、そのままでも良いとは思いますが、ここに書かれたと言うことは、そのまま済ませられるような程度ではない、ということですよね?
1年前…と書かれていますし。
 歯周病でも違和感を感じることはあり、その場合は歯磨きしていればそれで良いのですが、今回の症状は根の先の僅かの慢性炎症と思われます。積極的に手を付けてくれない…ということを考えるとレントゲンでもあまり明瞭に写っていないのでしょう。
 はっきり写っていなくても根の中の再治療が比較的容易なら、直ぐ手を付けるのでしょうが、しっかりと土台が入っていて除去が困難であるとか、上の差し歯がメタルボンドなど自費のものであるとすると、取るには壊してしまうので、手を付けにくいという事情も出てくると思います。
 もし、何かするとすれば外科的な治療でしょう。歯茎を少し開いて骨に穴を開けて歯の根の先に到達し炎症部を掻爬します。大元は根の中なので根の先神経の穴に何か詰めることもあります。歯科医院でも出来ますが口腔外科の先生の方が得意だと思います。
  明瞭に病変が写っていれば積極的に行うのでしょうが、そうでないのでやってくれないのでしょう。
 大学でなくても総合病院の口腔外科でも良いですから、受診されたらどうでしょうか?医院の先生から紹介状を書いてもらうのが最も良いですが、そうでなければそのまま行って下さい。ただし、また様子を見ましょうと言われてしまう可能性もあるので、1年以上ずっと症状があること、だめもとで良いからやってみたいということを伝えた方が良いでしょう。今はネットなどでいろいろ調べられますから、こういう治療をして…と言っても良いと思います。
 あるいは歯科医院で歯科口腔外科と標榜している場合、その先生は以前病院の口腔外科にもいたはずなので、近在の歯科医院でも良いです。
 あまり医院を替わるのは良くないとも思いますが、説得されてもやもやしているよりは、何かしてもらった方が良いとは思います。

 それで改善または治癒しなければ諦めもつくと思います。

 メタルボンドですが、必ずしも問題がよく起こるのではありません。問題が起きた方が書き込まれているのであって、良好に経過していれば、相談なんてしないのです。
  あーなったこーなったというのは、すべての人に起きているのではないのです。

 

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.