トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯を守りたい

投稿者 長谷川千尋 日時 2004 年 3 月 07 日 11:04:01

回答先: 歯を守りたい 投稿者 まるこ 日時 2004 年 3 月 05 日 17:59:53

 検診の時に、歯周ポケット(歯と歯茎の接しているところの溝)の検査をすると思いますが、その値はどうでしょうか?2ミリまででしたら歯周病についてはひとまず心配ありません。3ミリでも、毎回そのくらいで変化していないなら心配ありません。4ミリある歯があれば、その部分を良く磨いて2〜3ミリになるようにする必要があります。
  ポケットが浅くて歯茎が下がっている場合、強い横みがきや歯磨剤の付けすぎで摩擦で下がってしまう場合、歯軋り食いしばりなどで歯が揺らされて下がってしまう場合もあります。年齢でも下がりますが、まだ20代ですから年のせいにしない方が良いと思います。

 洗口液は普段はあまり使わない方が良い…というか使っても効果が薄いです。

 歯垢の中の虫歯や歯周病の菌は、バイオフィルムと最近言うようになりましたが、バリアに囲まれて生息しているので、洗口しても、関係のない部分の菌には効いても肝腎のところ細菌にはあまり効いていないのです。
 ただし、体力が落ちて一時的に普段より歯茎が腫れぼったい時とか、社会的状況により歯磨きできない時に口臭が出ないように一時的に使うのは良いと思います。

 虫歯の予防も昔も今も歯磨きですが、フッ素入りの歯磨きを使うまたは歯磨きの後で家庭用フッ素塗布薬を使う、食後30分くらいに100%キシリトール粒ガムを2個食べる、などの予防法も推奨されています。フッ素洗口液もあります。フッ素洗口液は週一回でも良いので便利かも知れません。この洗口液は、消毒ではなく歯質を強めるものです。
 歯磨き剤などの利用は界面活性剤が含まれているのでたくさん使うのは良くない(月見歯科の先生による)とも言われますから、入っていない塗布薬・歯磨剤もあるようですからそういうものを使ってはどうか?と思います。
  市販で見つけるのは難しいかも知れないので歯科医院で聞くと良いです。予防に努力されている方はどちらかというと少数派なので、医院でもいつもそのようなグッズを取りそろえていないことも多いです。しかし、熱心な患者さんの要望なら答えてくれると思います。

 

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.