トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

回復しました、ありがとうございました!

投稿者 POPOママ 日時 2004 年 3 月 05 日 14:14:25

回答先: Re: 点滴と飲み薬、判断の基準は? 投稿者 長谷川千尋 日時 2004 年 3 月 04 日 16:47:44

長谷川 さま

丁寧なご回答ありがとうございました。
幸い5日目に歯の方から排膿したようで、その後は時間の経過と共に顔の腫れが徐々に引いていきました。昨日は痛み止めの薬も必要なくなったようで、まさに「劇的に回復」しました。今週一杯は無理と思っていましたが、今日は元気に登校しています。

>冷やすと長引きますから注意してください。同時に冷たいものを腹に入れないように

そのとおりでした。腫れてきた日の夜に、小さい保冷材をタオルに包んで患部をガンガン冷やすという、今考えると実に恐ろしいことをしていたのです。風邪の発熱の時と違って、今回冷たい食べ物は本人が摂りたがらなかったのですが、それはやはり理にかなったことだったんですね・・・。
私が子供の頃、「虫歯の子供のイラスト」というと腫れた頬を氷嚢で冷やしていたように思いますが、あれはもしかして間違い?だったのでしょうか・・・。それともやはり冷やした方が良いケースもあるのでしょうか?ともかく今は初期対策を誤った無知を反省しています。次回は無い方がいいですが、同じ症状が出た場合はしっかり対策したいと思います。

>抗生剤が無い時代は、酷く腫れてきたとき子供など体力のない場合命取りになることもあったのです。現代も休息を軽んじてはいけません

全くです。。。親としては辛がる子供を前にするとすぐ冷静さを欠いてしまい、何とか方法は無いのかと焦ってしまいました。
ウィルスや細菌が常に世を騒がす現代、薬ではなく「自分自身の免疫力(抵抗力)」をつけることが本当に大切なのだと身にしみた出来事でした。重ね重ねありがとうございました。

POPOママ

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.