トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 生え変わりj時の注意点は?

投稿者 長谷川千尋 日時 2004 年 2 月 28 日 23:53:48

回答先: 生え変わりj時の注意点は? 投稿者 ひろた 日時 2004 年 2 月 19 日 00:20:57

すいません。見落としていました。

>>(周囲の人にはまた『早く生えてくると虫歯になりやすいのにかわいそう』と言われてブルーな気分なのですが・・・)

 その、「周囲の人」の意見はあまり聞かない方が良いようです。『早く生えてくると虫歯になりやすいっていうから、気をつけなきゃね』なら、情報の内容の正しい・誤りはともかく、ひろたさんにとってマイナスの方ではないと思います。『かわいそう』と言うのは、ひろたさんに何か良くない感情があるような気がします。今どう見ても『かわいそう』な状況ではないのでしょう?

 生えかけの歯が虫歯になりやすいというのは正しいです。生えかけの時は歯磨きしづらく歯垢が停滞しやすい、ということもあるし、歯は生えてきながら唾液のカルシウムが表面から沈着して成熟するので、生えかけの時は虫歯菌に冒されやすい表面性状である…とも言えます。
 何かの成分に頼るのではなく、お母さんが口の中を良く眺めて、生えかけの歯を上手に磨いてあげることが最も予防になると思います。小さい歯ブラシを利用すると良いです。歯科医院には特別な形態の歯ブラシも売っています。歯科医院で先生や衛生士さんによく聞くと良いです。

  お茶にも抗菌成分はありますが、それで予防すると言うよりは、ジュースをのむなら代わりにお茶にする…などの考え方の方が良いと思います。

 生えかけの歯に限りませんが、後はフッ素やキシリトールの利用が上げられます。食事で回数噛むことがなかなか出来ないので、キシリトールガムを噛めば、ムシ歯予防だけでなく、顎や脳みその発育、免疫力の強化にも良いと私は思います。



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.