トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 脱臼の治療について

投稿者 長谷川千尋 日時 2004 年 2 月 26 日 00:43:07

回答先: 脱臼の治療について 投稿者 たむら 日時 2004 年 2 月 25 日 23:06:03

歯の中の神経は、血管とともに根の先から入り込んでいます。横からはほとんど入っていません。よって、脱臼すると一旦神経血管が切れてしまっている可能性があります。脱臼まで行かなくても、根の先で内出血し血行が滞ると、歯の中の神経は死んでしまうのです。
  そうなると神経を除去することになります。
  乳歯の場合は、根の先の入り口が広く、血行が豊富で神経が再生する場合があります。永久歯でもまだ根の先まで出来ていない時期は根の先が広く、同様な可能性があります。14歳はほぼ永久歯は完成していて、根の先は狭くなっています。
ただ、大人よりはまだ広いです。
  
 歯が伸びたように長くなった…と言うような場合、脱臼時にすぐ神経を取ってもおかしくはありません。
 打診があり明日神経を取るのもやむを得ません。

  …がしかし、個人的意見ですが、そのまま根の先が閉鎖されていくこともあるように思います。すなわち何もしなくても良いこともあり得ると思っています。但し、半年毎くらいにレントゲンを撮って異常が起きないか確認する必要があります。
  
  神経を取っても取らなくても…ですが、脱臼した歯は乳歯のように根が吸収され短くなっていく可能性が結構あります。今後20代に前歯を失う可能性もあります。



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.