トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 医療ミスとは?

投稿者 長谷川千尋 日時 2004 年 2 月 24 日 00:20:33

回答先: Re: 医療ミスとは? 投稿者 ボン 日時 2004 年 2 月 23 日 12:13:55


  抜歯してないとすると、治療は何だったのでしょうか?

  繰り返しますが、まず広範囲の炎症で、その先の神経分布のところが一過性にしびれる場合があります。たとえば下の奥歯のひどい腫れ・痛みで、唇当たりがしびれることがあります。昨年一人、このパターンの患者さんを診ました。腫れが引くとともに回復しました。念のため神経治療薬は出しましたが。

 ほかに、注射の麻酔をしただけでも、一過性に痺れが来る場合があります。直接神経を傷つけてたのでなくても、麻酔薬の中の血管収縮剤がたまたま過度に作用すると部分的に血行不良となり神経細胞が麻痺するのではないか?と思われます。注射という刺激に血管が反射的に収縮する場合もあるかも知れません。
  昔、3人ほど、このパターンを経験したことがあります。何週間かで治りました。
薬は出しました。

  注射で傷つける可能性があるとすれば、深いところに注射する伝達麻酔か、下の小臼歯の根元当たりに麻酔する場合(骨に穴があり神経の出口がある)が考えられます。伝達麻酔はあまりされませんが、どうしても普通の麻酔が聞きにくいときにする場合があります。親知らずの治療でも使うことはあり得ます。
 
 親知らずの歯の中の神経の治療でも、その外の神経を傷つける可能性はあります。
  今まで、深い親知らずの抜歯などやや大きい手術で、麻痺して回復しない…という書き込みはありましたが、そうでなくて治らない…という質問は記憶にないので
希望を持っても良いのではないでしょうか?
 因みに私は1ヶ月半くらい片手が麻痺していたことがあります。今は大丈夫ですが、麻痺した方の気持ちは分かるつもりです。



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.