トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯髄を抜いてもまだ痛い

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 5 月 02 日 11:10:28

回答先: 歯髄を抜いてもまだ痛い 投稿者 みこ 日時 2000 年 4 月 28 日 05:06:48

 2つ考えられます。

 1つは、三叉神経痛です。歯の中の神経すなわち歯髄でなく、脳から
顎や歯のほうへ分布している元のほうの神経の痛みかも知れません。カ
ルママゼピンという薬か、神経ブロックという処置をするか、ときに手
術です。

 神経ブロックまでは歯科口腔外科で出来ます。手術は脳神経外科です。

 もう一つはやはりその歯が原因ということです。歯髄は非常に複雑に
枝分かれしているものなのです。レントゲンに写る筋状の部分は木の幹
に相当し、実際は細い枝のように分かれた神経がいっぱいあります。
 通常は「幹」の部分のみきれいに除去して薬を詰めれば、細い枝の部
分は問題にしなくても大丈夫なのです。
 しかし、たまに「太い」枝の神経も存在し、神経を取ってもまだ痛む
場合はこれが考えられます。「枝」の部分を器具で取ることは不可能の
ため、「幹」の部分に薬を入れ、浸透していくのを期待して暫く様子を
見たりします。
 「枝」ではなく、神経を取った後の、歯の根の先の部分の炎症が取れ
ずやはり痛みが続く場合もあります。これも同様様子を見ます。でも、
様子を見ると言ってもせいぜい1〜2ヶ月です。症状の軽快が見られな
い場合は、もう抜歯しか手がありません。

 やはり歯だとして、別の歯が原因ということもあります。
 うちに前に来られた患者さんで、やはりずっと痛くて三叉神経痛を疑
われ、先の薬をのんだり、神経ブロックしても治らなかった人で、実は
全然別の歯の神経が原因だったことがありました。見た目は全く健全で、
痛みを出しているとは思えない歯でした。
 33ゲージという非常に細い針で歯根膜麻酔というその歯だけ効くよ
うな麻酔をしてみます。ずっと治療していた歯にしてみて痛みが消えれ
ばやはりその歯が原因です。消えない場合、別の歯か、あるいは三叉神
経痛かも知れません。

 歯科口腔外科を受診してみられたらいかがでしょう?

 
                    ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                       はせがわ歯科医院
                        長谷川 千尋♂
                    愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
                   tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.