トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

メールもしました。

投稿者 長谷川千尋 日時 2004 年 2 月 21 日 13:34:36

回答先: Re: 過剰歯抜歯後、生えてこない永久歯について 投稿者 ちかこ 日時 2004 年 2 月 20 日 23:21:11


過剰歯が見つかるお子さんは少ないですが珍しいことではなく、一開業医でも年に何人か見ます。過剰歯を抜歯すれば、正常な永久歯の方向さえ問題なければ、自然と生えて来ますが、過剰歯によって正常な歯が本来の位置より骨の深い部分にある場合は、その歯の成長自体は普通でもなかなか生えてこないと言うこともおきます。
 過剰歯抜歯から、今までの間、正常な前歯の成長はどうでしょうか?生えてこなくてもだんだん表面に近づいているのか、同じ場所にあるのか…ということも考える必要があります。
 上の永久歯前歯の交換は7〜8歳が平均ですから、3年生なら9歳でしょうから、やや遅いと言えます。
 レントゲンでだんだん表面に近づいているのであれば、今しばらく待つという考え方も出来ます。しかし、あまり動いていなさそうであれば、積極的に引っ張り出す必要もあります。
 歯茎をめくり、骨も一部除去して歯の表面に突起状のものを接着します。
 口の中には何か矯正装具を付けて、針金やゴムで引っ張り、徐々に出てくるようにします。
  外科的な部分は口腔外科でしてくれますが、矯正関連は多分出来ないと思います。かかりつけの先生がして頂ければそれが良いですが、矯正もしている歯科医または矯正専門医の協力がいることもあります。
  その辺りは先生方の連携に因ります。
  うちの場合は、病院の口腔外科で手術しているところに私が出向いて、歯を出したところで矯正のための突起を付けました。引っ張り上げについては後日うちで行いました。私は普通の歯科治療もし矯正もしているので自分でしましたが、かかりつけ歯科医院が矯正をしていない先生の場合は、もう一人矯正の先生が関わる必要があると言うことです。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.