トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 矯正の為の抜歯について

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 4 月 14 日 09:45:12

回答先: 矯正の為の抜歯について 投稿者 るみ 日時 2000 年 3 月 31 日 22:37:25

 答えが遅れ気味で申し訳ありません。多忙につきご容赦下さい。

 疑問はもっともなことです。抜歯せずに矯正できたらそのほうがいい
に決まっています。理想は矯正せずに済むようにすることですが。
 でも、現在のポピュラーな矯正法は抜歯により出た歯を引っ込めるス
ペースをつくるものです。

 医学も科学もどんどん進歩しています。現在は最善と思われている方
法が将来にわたって最善と言うことではありません。
 たとえば癌を患い、抗がん剤の服用が必要とされても、今はそれが最
も効果的とされても実際は副作用に苦しみ、癌も必ず消えてくれるとは
限りません。あと何十年かすればもっと楽に治る薬も出てくるかも知れ
ません。

 環境破壊は良くありません。でも今の科学文明の営みを享受するには
ある程度の破壊は当然起こってきます。でもなるだけ貴重な自然は守り
破壊も最小限になるよう努力されていると思います。もっと未来は人間
の都市のすぐそばで豊かな自然があるように出きるかも知れません。

 話が飛びすぎたかも知れませんが、同様に8020(本当は8028、
あるいは10028か?)を目指しているのに矯正のために抜歯が必要
だなんて確かに本末転倒です。矛盾はしますが4本の抜歯が広く行われ
確立された方法なのです。抜歯する部位も出ている前歯ではなく、かみ
合わせやバランス的に全体的に影響が少ない、4番目か5番目の歯抜歯
に選択されます。これが最小限の犠牲…というわけです。

 では、抜歯しない方法はないのかというと、実はあるのです。

 1つは、小学生の交換期に矯正を始める方法です。るみさんは成人な
のでだめですが、将来自分の子供が歯並びが悪かった場合の参考になる
と思うので書きますが、乳歯と永久歯が両方ある時期に始めれば殆ど抜
歯に至らずに済むのです。20年以上、非抜歯の方法を取り組んできた
矯正医(各務肇先生)がおり、そこで研修を受けた歯科医も全国で500
人はいると思います。当院でも7年ほど前から取り組み、成果が出てき
ています。

 成人ではどうかというとこれもあるのです。
 グリーンフィールドという人が始めた方法で、95%くらいは非抜歯
で矯正できるそうです。そうです…というのは聞き及んでいるだけなの
で、実際のところは手がけている歯科医に聞いてみないと分かりません
が、専門医なら必ず知ってはいるはずです。
 ただ、まだ日本に紹介されて2〜3年ほどなので、広がりは今ひとつ
のようです。
 他にも、非抜歯でできると言っている歯科医はいます。

 ある程度確立された慣れた方法があるのに、まだよく分からない方法
を新たに手がけるのは歯科医側に多少抵抗感があると思います。お金を
頂いて請け負うわけですから、慣れない方法にいきなり移行するわけに
は行きません。
 というようなことが、まだ非抜歯が広がらない理由の1つと思います。
 
 ただ、今後は非抜歯の方向に行くと思われます。なるだけ歯を残す方
向に向かうのは当然の流れですし、抜歯して矯正する場合に、顎関節へ
の悪影響とか、不定愁訴を惹起するとかいう場合があるようです。
 しかし、抜歯すると害があると言うことでもありません。私の家内は
若いとき抜歯して矯正していますがとくに害は出ていません。
 矯正して歯並びが良くなると、歯並びだけでなく容貌も改善します。
精神的・性格への影響もあります。また、磨きやすくなるので虫歯・歯
周病になりにくくなります。歯並び・噛み合わせがひどい場合には、前
述とは逆に、矯正により顎関節の状態が良くなる、不定愁訴が取れたり
すると言うこともあります。

 まとめますと、抜歯は良くないが歯並びを治したい場合やむを得ない、
抜歯がどうしても嫌なら矯正はしない方が良い、抜歯したら即為害作用
があるわけではない、見た目以外の良い影響もある、でも抜歯せずに矯
正する方法もある…と言ったところでしょう。

 答えになったでしょうか?


                    ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                       はせがわ歯科医院
                        長谷川 千尋♂
                    愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
                   tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.