トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

軟口蓋にできた粘液嚢胞の手術について

投稿者 ジャスミン  地域 神奈川県  日時 2004 年 1 月 21 日 21:04:17
いつも拝見し参考にさせて頂いています。
29歳、独身、女性です。4ヵ月ほど前から、左側軟口蓋の喉に近い部位に米粒大の水脹れのようなものがふくれたり・つぶれたりということを繰り返しており、つぶれている時には何ともないけれど、ふくれている時は嚥下時に違和感があります。
耳鼻咽喉科で診て頂いたところ、「口内炎なのでよくうがいをしていれば治ります」と言われ、アズレンを処方していただきました。ところが一向に改善しないため、会社で歯科検診があった際に相談したところ、「唾石症でしょう。悪いものではないけれど、念のためかかりつけの歯医者さんで診てもらって下さい」と言われました。そして先日かかりつけの歯医者さんで診ていただいたところ、「粘液嚢胞」と言われました。小唾液腺に唾石ができることはほとんどないので、何らかの刺激により小唾液腺が滞留し袋状に唾液が溜まったのだろうということです。
自分なりにインターネット等で粘液嚢胞について調べたところ、よく下唇の内側にできた場合はそれほど難しい手術ではない、ということがわかりました。実際「親知らずを抜くよりも簡単」という記述も目にしました。去年、1時間以上もかかった水平埋伏智歯の手術に2回も耐えましたので、それよりも楽なのであれば「うっとうしいものを取っちゃえ」くらい気持ちでいたのですが、かかりつけの歯医者さんによると、場所的にそう簡単にはいかないかも知れないということです。無意識に嚥下して動いてしまうのでそうならないように唾液の分泌を抑える点滴を静脈に打ちながらになるかも知れない、とのことです。ただその先生が執刀するのではなく、市内の歯科口腔外科を紹介するのでそちらでよく相談してから決めるようにと言われました。

そこで質問なのですが、
ー分としてはかかりつけの先生の「粘液嚢胞」という説明に一番納得しているのですが、診て頂いた先生により診断が異なるので、先生の見解を教えて下さい。
⊃特里蕕困糧柑を2回経験していますので手術を受けること自体は怖くありません。しかし、通常の局所麻酔だけではないようなので二の足を踏んでしまいます。一度口腔外科の診察を受けてみないとわかりませんが、あまり不便していない割にリスクの方が高いんじゃないか、また一度診察を受けてしまったら口外の先生は切ったり貼ったりしたがるんじゃないか、と思うと行くをためらってしまっているので、どのような手術になると思われるか、先生の見解を教えて下さい。
手術を受けたとして、その後の注意事項があれば教えて下さい。
以上、宜しくお願いいたします。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.