トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 治療方法変更について

投稿者 長谷川 千尋 日時 2000 年 3 月 01 日 10:15:46

回答先: 治療方法変更について 投稿者 東 武  65才 日時 2000 年 2 月 25 日 07:42:13

まず、半年に一度の歯石除去の継続はとてもいいことなので続けて欲
しいところです。

 「グラインダー」と言う機械は耳慣れませんが、多分超音波スケーラ
ーのことかな…と思います。つまり歯石を機械で取っていることを指し
ていると思いますが。
 超音波の機械で取った方が早く効率よく取れるので、当院でもそちら
を主に使っています。
 手用の器具は、歯茎に隠れているわかりにくい歯石を取るときなど、
慎重に注意深く取るとき使います。
 半年に一度定期的に取っている場合、普段の歯磨きもまずまずだとし
たら、大まかにとってもだいたいきれいになるので、機械で取ることが
多くなると思います。もちろん、その人その人の状態によりますが。

 歯の神経が敏感であれば、超音波振動が痛く感じられることもあろう
かと思います。よって、痛いから、痛くないような方法で行って欲しい
と言われれば普通は考えて戴けるはずと思います。

 1つには、麻酔してから歯石除去する方法です。機械で取っても大丈
夫です。もう一つは、おっしゃるように手用の器具のみで行うことです。

 はっきりと「痛い」と言われた方がいいと思います。
 痛そうに顔をしかめるとか、辛そうにするとかでも、気が利くスタッ
フならすぐ気づくはずですが、混んでいるのでついつい急いで行なって
いるとか、口の中だけ見ていてその患者さんの仕草に目が行っていない
とか…そういう場合もあります。
 もちろん、今書いたようなことはプロとしては失格です。
 はっきりと言わなくても気づいて対処すべきなのです。

 しかし、現実には痛がっていることに気づかず続けてしまうことがあ
ります。当院でも後で受付で痛かった…とぼそっと言われていくことも
ありました。
 もちろんそういうことが無いように常々注意はするのですが。

 はっきり言えば多分、「すみませんでした」と言って、手用器具で行
ってくれるのでは?と思うのですが・・・
               
               ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                  はせがわ歯科医院
                  長谷川 千尋♂
              愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
             tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.