トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 親不知と矯正について

投稿者 長谷川 千尋 日時 2000 年 2 月 04 日 10:16:01

回答先: 親不知と矯正について 投稿者 aki 日時 2000 年 1 月 27 日 17:52:21

矯正希望でしたら、まず矯正医にご相談下さい。
歯列矯正をする際に親不知が邪魔なのか、関係ないのかは、どういう
歯列不正なのかにより違うと思います。

しかし、親不知を抜歯することは多いと思います。

また、矯正しなくても、横向きの親不知でしたら抜歯した方がいい場
合が多いと思います。

>>神経の近くにあるので抜いた割には不快感の方が
>>強いだろうから痛くなってから抜いた方がいいのでは
>>と言われました。
 
歯科医の意図するところはこの言葉通りではないだろうと思います。
抜歯の際の不安・恐怖等を考えると、抜歯する決心は痛くないうちはな
かなかつきにくいだろうから、痛くなってからでもやむを得ない…、ま
た、抜歯してすぐはいろいろ不快症状もでることがあるし…
というようなことではないでしょうか?

親不知の抜歯が必ず不快症状がでるわけではありません。むしろ一部
のみであると私は考えます。
横向きでも当院で抜歯する場合、9割方は僅かな痛みのみで大したこ
となく済んでいます。ただ、下顎骨の中の太い血管神経に近接している
場合歯科口腔外科を紹介しているので、歯科口腔外科で抜歯する場合は、
多少困難な抜歯が多いはずなので、術後の不快もむしろ割合は多いだろ
うと思います。が、やはり一部だと思います。

抜歯に関わらず、人は大変な思いをした場合、声を大にして、また、
尾鰭をいっぱいつけて触れ回ります。大変だったことに同情してほしい
のです。よって、親不知の抜歯は必ずひどい目に遭うという神話が出来
ているのです。
うまくいった場合は、少しは人に話しても話題になりにくいので、本
当はこちらの方が多いのに、うまく行って当たり前、たまたま不快が強
くでるとぼろくそに言われてしまいます。不快症状がでてもそれは決し
てやり方が悪かったわけではないと思います。
歯科医は因果な商売だと思います。

さて、かんかん砕くと言っても歯は虫歯でなければ非常に硬く、容易
に砕くことなど出来ません。抜くのに邪魔な骨の一部を除去したり、切
り込みを入れていった歯を最後に割るとき少し使用するだけです。
でも、なぜかんかんするのでしょう?
埋まっている歯を削るときも水がかかりますが、あんまり骨に直接か
かると骨細胞が壊死してしまい、術後の痛みが長く続いたり、場合によ
っては壊死した骨の除去の再手術をせねばなりません。のみでかんかん
割るのは、なるだけそれを避けるためです。

あなたに情報を与えた人は、その経験ある人ですか?又聞きですか?
 
想像でどんどん悪いイメージを勝手に増幅すると、僅かの刺激でも本
当に拷問にもなりうると思います。
今は、親不知の抜歯はどんなに痛いのだろう…と想像を膨らますのは
一切止めたほうがいいと思います。
抜歯が必要と矯正医に言われたとして、歯科口腔外科等を紹介される
と思いますが、その際にどんな些細なことでも、質問をし、希望を伝え、
(かんかんが嫌だとか、ベテランに抜いて欲しいとか)その上で、臨ん
でみて下さい。

           ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
               はせがわ歯科医院
               長谷川 千尋♂
            愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
           tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.