トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 治療後の下顎麻痺、頬内出血、リンパ腺の腫れ

投稿者 長谷川千尋 日時 2000 年 1 月 27 日 01:22:46

回答先: 治療後の下顎麻痺、頬内出血、リンパ腺の腫れ 投稿者 ゆき 日時 2000 年 1 月 26 日 08:52:36

 感覚がないのはやはり知覚鈍磨ないし麻痺だと思います。

 ただ、親不知の抜歯等ではないので、元の太い神経を傷つけているわけでは無いはずなので、一過性で治る可能性の方が高いのではないでしょうか?
 ただ、現時点では何とも言えません。 

 今回は通常よく行っている麻酔をしただけなので、「ミス」には当たらないと思います。注意を怠って起きたらミスですが、たまたま発生してしまったのは該当しないのではないでしょうか?
 しかし、説明もせず事後処置もせず「治るから…」では、心配が募ってしまうので、何かしていただかないと…とは思います。
 神経は回復力がありますので、全く放置しても、感覚が戻ることはあるはずです。しかし、はっきりとどのくらいで…とは明言はできません。
 少しでも早く戻すために、末梢神経治療薬やソフトレーザー照射、鍼灸、温罨法等何らかの対処が欲しいところです。
 私は14年間で3人ほど知覚鈍磨・麻痺に遭いました。いずれも数日〜1、2週で回復し事なきを得ました。

 腫れているのは、麻酔注射したところから常在菌が感染したか、麻酔
で感覚がないので頬を自分で噛んでしまったかの可能性が高いと思います。これは抗生剤を暫く服用していれば必ず治るので心配は要りません。
 ごくまれに注射の針の刺激、あるいは麻酔薬が広がるという刺激で、少し離れたところに何故か内出血してしまうという反応を身体が起こすということもあります。
 これも自分の経験ですが、奥歯に麻酔したのに唇の下の顎の皮膚上に
内出血してあざのようになったことがあります。患者さんはびっくりされましたが、ただの内出血なので、どうしてそこに出たかははっきり説明はできなくても、治ることは確かなので問題はありませんでした。

 まだ1週間なので担当の先生はひとまず、状況の変化をみていらっしゃるかもしれません。ただ、いつまでも様子見では駄目なので、先のような対処を自院でするか、然るべきところ(口腔外科など)へ紹介していただくかしてもらわねばならないと思います。
 多分、何らかの対処を考えているはずです。
 次回受診された際、よくご相談下さい。
 
               ☆健康な歯でしあわせも噛みしめて☆
                    はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋
                    ec2530@ecall.co.jp
             http://www2.ecall.co.jp/dental.html
             愛知県海部郡甚目寺町大字森字下田室58-1
tel 052-441-1423 fax 052-443-6082

 

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.