トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 骨が無くなった??

投稿者 長谷川千尋 日時 2003 年 3 月 25 日 00:47:17

回答先: 骨が無くなった?? 投稿者 けいこ 日時 2003 年 3 月 22 日 22:25:35


成人性の慢性の歯周炎(歯槽膿漏)とは、表れ方は違うようですが、膿んで骨が無くなったことは膿漏と同じです。
 どうして一部だけそうなったかですが、奥歯の歯並びが少し悪く、一部歯のあたりが悪いと急速に骨の吸収が起きる場合があります。
  例えば、下の最奥の歯が舌側にやや倒れ気味で、その歯に上の歯がまっすぐ当たる場合、下の歯は噛む面で当たらず斜め横から力を受けることになります。そのような場合急速に一部分が歯周病が進行します。
 歯は横からの力には弱いのです。
 
 もう一つ可能性としては、神経の側枝です。歯の中の神経はまっすぐ延びているものばかりでなく、枝分かれしています。枝の部分は通常治療しなくても良い(出来ない)のです。主な部分を綺麗にして薬を詰めれば枝も封鎖されて神経の治療は終わるのですが、たまに、枝の神経の炎症が取れなくて痛みが続く場合もあります。
 また、痛みは出なくてもそこに残った菌が周囲に出てきて知らぬ間に炎症によって歯周病のように骨が無くなってきていた…ということも考えられます。
 腫れて急に骨がなくなったのではなく、普段から、分からないだけで慢性の炎症があってそれが長い経過で骨が無くなってきていたのです。

  以上、どちらも可能性であって、そうだ、とは言えませんが、部分的にひどく骨の吸収が起こることは見たことがあります。
 私も、ふと、若くして歯が弱くなっている自分の患者さんを思い浮かべます。
 
 ブリッジですが、人工の歯の部分を歯茎に付けずにトンネルのようにする場合と、歯茎にしっかり付ける場合とがあります。半分抜歯して少なくとも3ヶ月くらい待って(抜歯したところの骨が落ち着くまで)、そのときの歯茎の形によって無くなった部分の補うのにどのような形態にするかを決めると思います。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.