トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 差し歯の治療方法

投稿者 長谷川千尋 日時 2003 年 3 月 23 日 18:42:50

回答先: 差し歯の治療方法 投稿者 ハマー 日時 2003 年 3 月 20 日 14:47:25


受診したところの先生でも良いと思います。
 なかなかよく考えてくれていると思います。
 折れた歯ですが、根はまだ残っているわけですが、その根の長さが問題です。十分な長さがあれば、想像されていたように土台を入れて差し歯にすることになったと思います。
 残った根が短い場合、そのまま差し歯にすると頭でっかちになってしまいます。
差し歯に対して支える根が短いと脱落しやすくなってしまいます。
 では、とうするか?
  抜歯してブリッジにするのが最も無難だと思います。特に自費で今後の長持ちを考える場合は、ブリッジがむしろ第一選択です。両隣ももう差し歯であるなら、健全な歯を削ってしまうと言う抵抗感も少ないと思います。
  でも、やっぱり抜かずに何とかならないか…と考えると、「挺出」という部分矯正をするのです。隣の歯を利用して根を引っ張り上げると、根だけでなく骨も着いてくるので、抜けるように出てくるのでなく根の長さに対して頭の長さが小さくなります。
 すると差し歯を作ったときに頭でっかちにならずにやや脱落しにくい差し歯が出来ます。
 「すぐ抜いてしまう」というイメージと逆に残すことを考えてくれているとも言えます。割れた歯を取り除くときも、傷が浅ければそう消毒も要りません。麻酔注射して取った場合、麻酔の前に消毒はされていると思います。
  歯の引き出し(挺出)をした場合、その歯だけで差し歯にすることもあれば、それでもやや弱いので隣のどちらかと繋げる場合もあります。その場合もブリッジより治療する本数は少なく済みます。
 問題は挺出は時間が掛かることです。今、治療する歯が少なく済む、と書きましたが、挺出を隣の歯を利用して行う場合、やっぱり外してやり直さないといけないこともあります。抜歯してブリッジより時間と費用がかさむこともあります。
  両方について、費用と期間の見積もりをして頂いたらどうかと思います。

  私は台湾の歯科事情は分かりませんが、日本歯科医師会から「海外派遣労働者のために・世界の歯科事情と安心ガイド」という本が出ています。多分無料ですから、日本歯科医師会から取り寄せると良いと思います。会社から頼めば他の方の役にも立ちます。
 電話 03−3262−9211 日本歯科医師会 事務局地域保健課
 それによりますと、外国人に適用があるかどうか知りませんが、全民健康保険制度という日本の健康保険のような制度があるそうです。入られていますか?ただ、保険適用率は少ないそうです。
  日本でも「挺出」は自費です。
  専門医が多く、留学経験者も多いと言うことで、衛生状態を始め、都市部の医療状況は良好だそうです。外部評価機関による病院の客観評価があり、診療所には及んでいないそうですが、病院内の歯科なら、その評価が参考になります。
 日本人が掛かりやすいお勧めの歯科医院は、
 日安牙医診所
 宣品牙医診所
 黄牙医診所
 佳品牙診所
 Champagne Dental Clinic
以上台北
 趙歯科診療所  基隆
 建興牙科診所  高雄 
 別にここでなくても良いのですが、もし、たまたま該当していたら、より安心感がもてるかな…と思って挙げました。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.