トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 抜歯すべきと言われた歯を半年放っておいてもいいですか?

投稿者 長谷川 千尋 日時 1999 年 12 月 27 日 09:23:11

回答先: 抜歯すべきと言われた歯を半年放っておいてもいいですか? 投稿者 Junko 日時 1999 年 12 月 19 日 15:36:34

 何本か、治療すべき歯があるようですが、現在の状況が今一つ把握で
きません。
 書かれておられるように、早期治療がもっとも懸命な選択です。理想
は信頼すべき歯科医を見つけ委ねる…ということです。
 が、さてどうしましょう?
 
 ひとまず、文章を追って行って少しずつ答えます。
 
>>はじめまして。私は現在タイに住んでおります。37歳、女性です。
>>何人かの海外在住者の方と同じように、私もコミュニケーション
>>の問題で、不安がとてもあります。

 掲示板以外でも直接メールで質問を受けたり、帰国した方からいろい
ろ伺うこともあります。苦労をお察し申し上げます。
 また、日本でも、言葉がわからない外国人を治療することが田舎にい
ても珍しいことではなくなりました。
 困ることは良くあります。
 
>>現在の症状は、左下奥歯4本にわたってブリッジをしており、一番
>>奥の歯と歯茎の境界にすきまができ(もうほとんど穴のような状態です)、
>>食べ物がつまるので、痛みはあるし、口臭もあるしという状態です。
>>またそのとなりの2本の歯の一部が欠けているとのことで、歯周外科手術
>>もしくは抜歯が必要とのことでした。
>>いずれにしても、ブリッジを作り直すことになるので、その際の費用が
>>タイではとても高く、約6万円します。日本ですれば、奥歯ですから、
>>銀合金で、とても安くすみますよね。

 保険がきくから安いのであって、その前の治療も含めれば、ひょっと
すると実額は日本でももっと高いかも知れません。

>>ある先生は、ことばもなかなか通じないため、いらいらしながら
>>「なぜ日本で治さないんだ。安いんだろ!痛みが出たら薬でごまかせば
>>いいよ」とおっしゃいました。(もうここには二度と行くまいと思いました)
>>今すぐ日本へ戻って治療できる状況だったら、何もタイの歯医者には
>>いきません。仕事をしているため、あと半年はもどることができません。
>>そのことを別の親切な先生に話すと、「とりあえず薬でおさえるしか
>>ありませんが、何とかなるでしょう」とやはり同じ答えでした。

 このようにタイの歯科医に言われる前に、どのように話されたのでし
ょうか?
 日本に帰ってから治療したいのだが、仕方ないから現地の歯科医院に
来た。何とか暫くしのぐ方法は無いか?費用もかけたくないし……

 というようなニュアンスで歯科医に言えば、当然、抗菌薬鎮痛薬で抑
えて、込み入ったことはしない…という判断をするでしょう。私が外国
人にそのように言われたらタイのその先生と同じことを言うでしょう。

>>確かに、費用面、ことばが通じる安心面から考えれば日本でするべきだと
>>私も思いますが、このような状況の場合、本当に半年も何もしないでいて
>>大丈夫なのでしょうか。

 大丈夫ではない可能性が高いでしょう。
 しかし、「半年」というのは微妙な期間です。

 患者さんで、中断されて半年後とか1年後とかに、再来されることは
少なくありませんが、半年の間に取り返しがつかなくなった…というこ
ともあれば、進行がゆっくりなので中断していてもさほど問題にならな
かった…ということもあります。
 その人の歯の質や食生活、歯口清掃の程度、年齢にもよります。
 よって、先の歯科医の「何とかなるでしょう…」という言葉には、半
年くらいならそのまま持つかも…と判断したかも知れません。 

>>一番心配なのは、神経がだめになる、抜歯しなければならなくなると
>>いうことです。早めに治療しておけばそこまでならずにすんだという
>>後悔をしたくないのです。

 状況によっては、危惧されている通りになります。

>>右奥歯もすでに抜歯しています。半年前、その隣のブリッジがはずれた
>>ので、タイでつけてもらったところ、清掃もせずにいきなりつけられました。
>>そのときはその先生を信用していましたが、1ヶ月後くらいから痛みが出始め、
>>別の歯科医で見てもらったところ、「きちんと清掃しなかったようですね。
>>衛生状態が悪いので炎症をおこしているからもう抜歯しかないですね。」
>>とのことでした。それを聞いたとき、とてもショックでした。歯という
>>一生のものをそんなにぞんざいに扱われていたのかと思うと・・・。

 清掃せずに付けたことにより炎症が出てしまうことはその通りです。
 しかし、まだ1ヶ月しかたっていないということを考えると、着けか
たが悪かったので抜歯に至る状態になったのではないと思います。
 1ヶ月後抜歯の必要を言われた、ということは1ヶ月前でもほぼ似たよ
うな状態で、ただ、痛みがなかっただけだろうと思います。
 別にその歯科医をかばう気はもうとうありません。
 
 私でも、もう抜歯かな…と思っても、患者さんが嫌がったり、続けて
受診できないからひとまず着けて欲しいという希望があったりとか、や
むなく再着しておく場合、本来どのように治療すべきか、あるいはやむ
なくそのまま着けた場合の問題とか、その他もろもろ説明しておきます。
 それを微妙なニュアンスも含めて外国人によく分かるように説明しろ
と言われても無理です。
 よって説明を省かれただけで、多分、最初の時点で手をつけるとした
ら抜歯だったと思います。
 手をつければ抜歯だが、そのまま着ければあるいは3ヶ月〜半年持つ
かも…という状態はあります。
      
 結局どうするかですが、そのままタイで治療するか、あるいは、半年
の放置で1本くらい犠牲が増える可能性があったとしても、日本に戻るま
で待つか…です。

 治療云々の前に、手入れはきちんとされていますか?
 毎食後、ないし最低でも朝晩歯磨きをし、かつ夜は丁寧に15分以上
行なうことです。
 野菜をたっぷり摂ること、食いしばり、口呼吸をしないこと、十分な
睡眠時間をとること(8時間以上)など気をつけてください。

 抜歯の判断というのも、お国柄があるようです。
 途上国では、歯の根の治療をして歯をなるだけ残すという方法を避け
る傾向があると思います。時間がかかる、再発があるなどの理由のほか
経済的なこともあろうかと思います。ブラジル人、フィリピン人など見
てそう思いました。
 お金はある日本人が受診していても、普段からそういう傾向があれば
現地の歯科医は現地人に対してと同じ診断を下すかもしれません。

 2歳の幼児で、日本なら進行止めの薬を定期的に塗布することで済む
のに、転勤で行ったアメリカで歯科を受診したらいきなり4本抜歯する
ことを奨められた…という話を帰国した母親から聞きました。
 もちろん、断って帰ってきて正解でした。
 定期的に管理すればほぼ永久歯交換まで持つと思われる歯をどうして
抜歯と判断するのか理解できませんでした。

 多分、訴訟社会のアメリカでは、治療結果がうまく行かない可能性が
ある場合、そう言う選択肢は排除する傾向があるのではないでしょうか

 うまく行かない可能性があっても、うまく行けばその方が確実に患者
の利益になる場合、やってみる…という方向性の方がいいはずです。

 同じ歯科医といっても、その資格というのは国によって違います。以
外でしょうが、アメリカでは4年の大学でひとまず歯科医になれます。
日本は医師と同じ6年です。日本なら一人の歯科医で、歯の根の治療か
ら被せることから、歯周病、入れ歯、抜歯、口の中の外科手術まで可能
ですが、アメリカでは分かれています。
 専門と言えば聞こえがいいですが、資格の範囲が狭いのです。

 歯科は歯科でも日本と同様のことをする歯科医ではないので、当然診
断も違ってくるのです。

 タイはどうでしょうか?
 どの程度か良く分かりません。
 知り合いでタイ人の奥さんがいる人がいますが、日本よりしっかりや
ってくれたと喜んでいました。奥さんがタイ人なので腕のいい歯科医を
うまく見つけられたということでしょうが、この事を聞くと決してタイ
のレベルが低いとは限らない…と思います。

 しかし、どうしても不安が取れないのなら、良く手入れをして、帰国
を待つという選択肢が良いかもしれません。

                    ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                       はせがわ歯科医院
                        長谷川 千尋♂
                    愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
                   tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.