トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 過剰歯について

投稿者 長谷川千尋 日時 2003 年 3 月 10 日 23:27:59

回答先: 過剰歯について 投稿者 佐藤 樹里 日時 2003 年 3 月 02 日 23:53:56

ちよっと遅くなり済みません。

正確な表現をすると、肉眼的レントゲン的には虫歯は見受けられない…ということでしょう。見受けられないイコール本当に虫歯がない…とは言い切れません。
 ブリッジの縁から中へ出来ているかも知れません。
 ただ、縁のあたりを探ってまったく何もないのに中の方だけに虫歯が広がることはあまり無いため、ひとまずは虫歯はないようだ、と考える方が無難です。
 虫歯が無くてもブリッジと歯質が剥がれてきている場合、凍みたり噛んで違和感を感じる場合があります。歯は毎日強烈な圧力を受けているので、接着剤が剥がれてくることがあります。
 もしも、何かある場合は、まだ、しばらく症状があると思われるので、私の場合は、様子を見て症状が続くのならブリッジは外してみましょう…と付け加えます。
 
 他には、ブリッジと関係なく歯の神経の知覚過敏を起こしている、ということも考えられます。
 
 正常な歯に接して過剰歯がある場合、なかなか抜けにくい場合も少なくありません。出っ張ってきた方が抜きやすいので、待つことはそばの歯の保護にもなりますし、3ヶ月、と区切りを言ってくれているので、ひとまずそれまで待ってもいいと思います。
 過剰歯がなぜ出来たか?と言っても、生まれつきなので仕方ありません。
 なぜ女に生まれてきたのか?と問うているのと同じです。



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.