トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

休養を。

投稿者 長谷川千尋 日時 2003 年 3 月 05 日 01:36:39

回答先: Re: 歯茎全体が腫れています。 投稿者 かな 日時 2003 年 3 月 04 日 00:03:40


  睡眠時間は、どのくらいですか?
  5時間とか6時間ではありませんか?

  もしそれに近いならば良く寝るようにしてください。眠れなくても連続で最低8時間、体調が戻るまでは出来れば10時間くらい横になって寝ていると良いと思います。
 食事は温かいものだけにしてください。飲み物も温かいもので。野菜も、サラダなどでなく温野菜にして下さい。
 食事は軟らかいものでも良く噛んで(歯茎に炎症があると普通軟らかいものも固く感じると思います)出来れば一口30回を目標にしてください。
 花粉症で鼻で息がしにくくともなるだけ口で息をせず鼻で呼吸してください。花粉症の薬はそのまま飲んでください。抗生物質もうがい薬もいるでしょう。念のため喉の方にもうがい薬が届くようにうがいして下さい。
 仕事に差し支えなければ、ガムをずっとかみ続けると良いです。両側で均等に噛むようにして下さい。板ガムなら2枚粒ガムなら3〜4粒以上が良いです。甘みがなくなってもずっと入れていればいいです。積極的に噛まなくて挟んでいる程度でも良いです。
 私も花粉症があります。抗ヒスタミン薬を飲むと効きはしますが、眠くなるので漢方の小青竜湯などを飲んでいます。いろいろやってみましたが、ティートゥリーオイルを嗅ぐのはなかなか効くようです。

 何をしても駄目なときは疲れているとき、睡眠不足の時です。よく寝て抵抗力即ち免疫力を高めれば薬も良く聞くようになります。しかし、どんなに良く効く薬を飲んでも免疫力が低下していたら効きません。
  診ないで決めつけてはいけないのですが、疲れやストレスで免疫力が低下して、歯茎の菌が身体を巡って皮下にも症状を顕したのではないかと私は思います。皮膚は身体の老廃物や毒物を捨てる場所にもなっています。悪いものを食べて皮膚に発疹などが出来るのもそのためです。今回は口腔常在菌が「毒」になったのではないでしょうか?
 抗生剤などにより今は、口の中に限局してきて皮膚の症状はないと思われます。
  特別歯垢がたくさん付いていなくても、免疫力低下や口の中の乾燥があると菌は容易に体内に侵入していきます。
 栄養を付けても睡眠が短いと駄目です。骨髄で血液は出来るのですから「骨休め」しないと免疫は落ちたままです。
 常態として6時間くらいしか寝ていなくてそれで自分は普通と思っていても、じわじわと免疫不全になりつつあるのです。

 冷たいものも免疫力を低下させます。口呼吸もです。
 よって温めて口呼吸を止めることが肝要です。

 噛むことは免疫力を賦活させます。ガムを噛めば結構直ぐ効きます。風邪の咳や鼻水でも少し楽になります。薬の効きも良くなります。花粉症の鼻水も楽になります。歯茎の状態も早く良くなると思います。

  あと、睡眠時に肩を冷やさないように。
  湧泉(ゆうせん=足をすぼめて中央のくぼんだところ)、太谿(たいけい=うちくるぶしと、かかとから上る足の後縁のカーブして最もへこんでいるところ、との中間)にお灸をしていも良いです。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.