トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 重度歯周病の治療

投稿者 長谷川千尋 日時 2003 年 2 月 09 日 00:00:22

回答先: 重度歯周病の治療 投稿者 あいぼん 日時 2003 年 1 月 31 日 16:14:38


 保存は無理、と言われた歯以外の状態はどうでしょうか?
  他の部分もやや進行気味ですか?
  重度歯周病…と書いてありますので、歯周病だろうとは思いますが、虫歯で根の中からの感染で歯周組織が駄目になる場合もあります。こちらの場合は一部は駄目でも他の部分は歯茎や歯槽骨はまだまだ十分健全…という場合もあります。
 
  そうではなくて歯周病として右上の2本が保存が難しい状態となっていれば、他の部分も今後危なくなる可能性もあります。

 30代でもうそういうことになっている場合、全身的な要因も考えられます。糖尿病があると急速に歯周病が進行することあります。

  いつも口呼吸している人も進行が早いです。
  短時間睡眠の人も進行が早いです。
  冷たいものをよく食べることも良くないです。
  これらは免疫力が低下させるからです。

  また、噛み合わせが悪く、親知らずなど下の奥歯が出っ張っている場合、その上の奥歯の骨が早く吸収していくこともあります。

  もし、歯が無くなった場合、その部分に人工の歯を入れないといけません。
  そのままにすると相対する歯が出っ張ってきてしまいます。

  2本無くなった場合、ブリッジは出来ないのでインプラントか義歯ですが、骨密度が低い云々…とありますし重度歯周病ですからインプラントは無理かもしれません。とすると部分入れ歯ということになります。

  残りの歯を長く保つには、定期的に歯科に通うことです。

  もう抜歯かも…と言った歯でも、ずっと定期的にいらっしやっている場合、まだ保っていることも時々見受けられます。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.