トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: ブリッジ

投稿者 長谷川千尋 日時 2003 年 2 月 02 日 00:53:41

回答先: ブリッジ 投稿者 たけし 日時 2003 年 1 月 27 日 20:07:58

ごめんなさい。希望の日には間に合いませんでした。
 
 インプラントをしている医院としていない医院があります。インプラントも手がけている医院であって、ブリッジを勧められたのならその理由があると思います。インプラントは万能ではないのです。インプラントを植えるに十分な骨が要ります。
 歯周病が進行しているとも書かれています。差し歯が抜けた部分がインプラントに向かなければブリッジの選択になります。
 骨が少なくても口腔内骨隆起や骨盤から持ってきたり、造骨のための膜を使って骨を増やす手術をする場合もあります。インプラントをしていても、そこまで手がけられる先生はかなり少なくなります。
 こういう理由だから、ブリッジが良いですよ…と言われませんでしたか?
 
  神経を抜く…のは、歯周病とはあまり関係はありません。
  歯周病がかなり進行していると、虫歯のない歯でも、根の先の方から菌が入って虫歯のような痛みを発する場合があります。或いは歯周病で根の露出がひどくなると凍みてきて神経を取る場合はあります。
 歯周病は、直接には常在菌の悪玉の菌が歯茎や歯茎の下の歯槽骨を冒していく病気です。歯磨きが悪かったり、食生活が悪かったり、もともとの体質、唾液の質、喫煙や口呼吸など、悪化要因はいろいろですが、とにかく、歯を支える部分の病気なのです。
 歯の中の神経を取ることによって、歯周病がひどくはなりません。「歯周」病なのですから。神経を取ってやや弱くなるとすれば歯質そのものは、中からの栄養が無くなりますから、長年の経過によってはやや持ちが悪くなることはあります。でもそれは、歯周ではなく歯そのもののとです。
 もし、歯周病関連で神経を取るのなら、先に書きましたようにもともとそうとう歯周病がひどくなっている…可能性があります。
 
 現在、自分の歯周病がどの程度なのか、そもそも歯周病とは何か、神経をとるはっきりした理由は何か…何が何だかよく分からなくて闇雲に心配されているような気がします。歯科医の方も多分説明はされているのでしょうが、何されるのだろう…という不安の中で聞いていて、聞いていても頭に残っていないような感じです。
 あるいは、この程度は分かっているだろう…ということで歯科医の説明不足があるかも知れません。

  私が前段で書いた文章も、ある程度分かっていないと理解しにくい部分もあるかも知れません。
 
  分からないことは何でも良く聞くことが大切です。そのときは聞きづらくても、分からないことがはっきりしたら、次回にでも聞いてみましょう。直に聞きにくければスタッフに聞いても良いと思います。スタッフから先生に聞いてくれると思います。

 歯科治療は歯を削ったり抜いたりしますが、そのまま放置したのではどんどん崩壊してしまうので、長期的には歯がなるだけ残るように考えて削ったり抜いたりしているのです。
 何かをしたらどんどんぼろぼろになっていくようなことをしているのではありません。



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.