トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: アマルガムの詰め替え

投稿者 長谷川千尋 日時 2003 年 1 月 31 日 01:55:48

回答先: アマルガムの詰め替え 投稿者 みいか 日時 2003 年 1 月 24 日 13:20:05


  ひとまず、そのままでも良いのではないか?
  と思います。
  常識的には問題はありません。
  アマルガムは銀銅などと水銀の化合物です。問題にされているのは、水銀が使用されているからです。水銀というと水俣病で毒物のイメージが染みついてしまいましたが、そちらの方は有機水銀で、アマルガムは無機でかつ化合物なので、それは問題ではない…というのが一般的意見になります。
 しかし、化合していない水銀が残る可能性や、熱で蒸発する可能性が言われ、そのあたりで危険視も一部でされています。
 が、アレルギー以外、通常の使用に置いて明らかに身体へ障害が起こった…というのは一般西洋医学的には「ない」ことになっています。
 書き方が難しいのですが、Oリングテスト協会など、では明らかに水銀の害がある…と言う見解です。私ももう十年くらい使用を止めています。…ということは以前は使っていました。無害であると、今でも教えているからです。
 アマルガムの害を書いた本によると、1つの詰め物を外すと2〜3ヶ月は次の歯に移れない…と書いてありました(ちょっと記憶に曖昧さがありますが)。削ると少し取り込まれ排泄に時間が掛かるからです。
 もし、危険の方を取って外すとかなり日にちが掛かる計算になります。
 しかし、Oリングテスト協会会員の医院でなら、シラントロ(中国パセリ)を一緒に飲むことによって削って飲み込んだ水銀を排泄できるとされています。

 もし、そう言う対応が出来るなら、削っても良いですが、そうでなければ受診した先生の意見のように気をつけるくらいが賢明かもしれません。

 

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.