トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: …その後、

投稿者 長谷川千尋 日時 2003 年 1 月 13 日 00:32:55

回答先: …その後、 投稿者 とまママ 日時 2003 年 1 月 11 日 16:18:06

現在のところ、神経の再生を確認しているのは、乳歯だけです。永久歯ではまだ分かりません。
 乳歯でも、全部再生するわけではありません。

 さて、今回はまだ、歯を殴打して数日しか経っていません。
 打撲して暫くは神経は生きていても感覚が鈍っていて必ずしも生きている反応は確認できません。
 今後は、必ず神経が死んでしまうとは限りません。そのまま歯の変色がなければ、神経は壊死せずに済むことになります。
 よって、今すぐ神経の治療をするのは妥当とは言えません。破折して神経が出ていれば別ですが。
 2軒目の医院の、黒く変色したら神経の治療をしましょう…というのが現状では妥当な選択と思います。黒く変色したらそのときは神経は壊死していて、麻酔せずに歯を神経の部分まで削ることが出来ます。そして薬を入れます。 

 乳歯で神経が再生する場合、一旦黒くなった歯の色がまた白く戻ってきます。これは事実です。小児歯科の論文でも見ましたし、自分でも何人も確認しました。

 永久歯でも、まだ完成していなくて根の先が開いていて血行旺盛の場合に、乳歯のように再生の可能性はあるかもしれません。…が、これは今のところ個人的考えで、まだ実例がありません。当院でこれから確認すべく説明してある患者さんは1〜2人いますが。

 闇雲に再生を願って治療を遅らすと、壊死した神経から根尖病巣が周囲の歯槽骨に広がってしまう場合があります。現状では、変色したら手をつけることが無難と思います。



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.