トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 抜歯後の治療について

投稿者 長谷川 千尋 日時 1999 年 10 月 05 日 14:00:43

回答先: 抜歯後の治療について 投稿者 宇多田 日時 1999 年 9 月 27 日 16:02:13


>> ・抜歯した奥歯には他に何か義歯等入れるのでしょうか?

 親不知を引っ張り出すというのも方法のひとつです。宇多田さんは
年齢は若いようですね。
 それ以外の方法としては、もっとも「一般的」な方法としては「延
長ブリッジ」です。抜いたのが親不知以外で最後方の歯のようですか
ら、その前2本をつないで補強し抜いたところに歯をのばして作りま
す。抜歯した後の傷が骨の中まで治癒するのが3ヶ月くらいはかかり
ますのでその間は仮歯にします。

>> ・上の奥歯を抜いたので下の奥歯がでてこないようにしなくては
>> いけないと思うのですが・・・
>> その場合どのような方法がありますか?
>>  
>> (担当の先生のお話)
>> 上記の通り、とりあえず抜歯した歯の隣にある親不知がうまく
>> 生えてきてくれれば矯正しながら抜歯した歯のところにもってくる
>> その間しばらく様子をみる。
>> その間、抜歯した歯の下にあたる奥歯は、その手前の歯と一緒に
>> かぶせて、歯が出てこないようにする。
>> しかしその場合の欠点としてどうしても歯間にカスが残り虫歯
>> になりやすくなるので長い間そのままというのはあまりよくないと
>> 言われました。

 後段の質問により下の歯がたまたま虫歯だったようですね。しかし、
きちんとかぶせるのなら、かすがたまるはずがありません。
 なんとなく聞き違いをしていらっしゃるのではないでしょうか?

 あと、保険か自費かですが、抜歯した歯のしたの部分にかぶせると
いうことですが、もし自費の1本6万のものを入れたとしたらそれは
もう、上の歯の矯正をしたあともやり直すことはないはずです。
 少し後にやり直すような場所にセラミックを入れることはないはず
です。
 
 保険と自費の強度ですが、これは、プラスチックを使った歯との比
較では差があるのですが、奥歯の金属のみの冠と、セラミック冠とで
は厳密には金属冠のほうが強度はあります。
 奥歯でも白い歯にしたいのならセラミックにすればいいですし、見
えないから白くなくていいのなら金属を選択すればいいのです。
 強度や適合性、その他の問題でよりいいものを奥歯に用いるのなら
金とか白金の冠が優れています。

 ただ、いろいろ考えておられる割にあまり歯を大事にしていらっし
ゃらないのではないかという気もします。
 また再び虫歯になるのだったらお金かけても無駄…というような記
述がありますが、また虫歯にならないように手入れをしっかりするこ
とが大切ではないでしょうか?
 上の歯がなくなったのも、治療せず放置したのが原因だったと思い
ましたが。

 いずれにしても、よく分からないのなら「わからない」と、担当医
に言い、再度説明をよく受けてください。

                    ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                       はせがわ歯科医院
                        長谷川 千尋♂
                    愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
                   tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.