トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: ブリッジの違和感

投稿者 長谷川千尋 日時 1999 年 9 月 06 日 15:40:44

回答先: ブリッジの違和感 投稿者 KazuKona 日時 1999 年 9 月 03 日 05:01:33

>> 歯の色、大きさが隣の前歯とかなり違って大きいです。しかも、
>> 下唇にブリッジの犬歯が当たり、気になって仕方ありません。
>> 歯の合わせは気にならないのですが、恥ずかしくて、人前で笑う
>> ことが出来なくなってしまいました。憂鬱です。
>> そう言う理由でも、治療した歯医者さんで作り直して貰えるので
>> しょうか?

 いつ作製したものでしょうか?少し前でしょうか、それともつい最
近でしょうか?
 いずれにしても作り直してもらってください。保険のものでも形態
や色調は入れた時点では、患者さんの満足行くような状態になってい
るべきです。数年たって変色したのでしたら保険のプラスチック材料
の性質によるものですから仕方ないてせすが。
 唇にさわる感じ、あるいは歯の大きさについてですが、もともとの
歯の生えている位置や相対する歯とのかみ合わせによっては、そのま
まやり直すだけではKazukoNaさんのイメージする理想通りにはできな
いかも知れません。
 色調は別として、その歯科医がどうしてそのような形態にしたかと
いうことを考えると歯並び等を考えやむを得ずそうなったのかも知れ
ないのです。
 形を整えるために、たとえば土台の歯の神経を除去するとか、相対
する歯まで削る必要があるとか、時に一部でも歯を矯正する必要が出
てくるとか、そういうことも考えないと本当に望む状態にできないこ
ともあり得ます。
 その場合,どこまで任すかです。「なるだけ神経は取ってほしくな
い」とか、矯正まではちょっと…とかの希望も考慮し、なるだけ満足
のいく状態を話し合って決める必要はあります。

 診ずに言っていますので、余分なことまで書いているかも知れませ
ん。簡単にやり直せるかも知れませんが。
 とにかく、よくご相談下さい。

>>15年位前に別の歯医者さんで、治療した前歯がしみますと言った
>>ために麻酔もかけず、削られ、もの凄い痛い思いをされられ、色が
>> 変わった位の虫歯だったにもかかわらず、差し歯にされたことが
>> ありました。そのことを思うと悔しくてたまりません。今回も
>> そういう思いをするのかもしれないと思うと言えないでいます。

 痛みを考慮しなかったことについては、歯科医側に配慮が足らなか
ったと思います。
 しかし、「色が変わったくらい…」の虫歯についてですが、多く
の場合、患者さん側が想像する以上に虫歯の範囲は広がっているもの
なのです。よってちょっと詰めるだけでいいだろうと思っていてもそ
うはいかないことは多々あります。
 痛くなくて穴が開いたと言って来院され、こちらが神経を取る必要
があるというと納得いかない顔をされることにたまに出会います。
 レントゲンも見せてよく説明したりすると、気持ちはともかく理屈
では納得していただけるようですが。
 激痛を味合わされ説明もなかったので全部悪いことされたと思って
しまうことは無理ないかもしれませんが、差し歯自体が問題だったか
どうかは分かりません。きちんと入れてあるかも知れませんよ。

                ∞健康な歯で幸せも噛みしめて∞
                    はせがわ歯科医院
                    長谷川 千尋♂
               愛知県海部郡甚目寺町森下田室58-1
              tel052-441-1423 fax052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
e-mail ec2530@ecall.co.jp

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.