トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 不安です

投稿者 長谷川千尋 日時 2002 年 3 月 20 日 14:34:32

回答先: 不安です 投稿者 きよこ 日時 2002 年 3 月 19 日 17:33:05

  幸い…と言っては何ですが、1ヶ月ですよね、期間が。
  だったら、薬を多めにもらっておけば良いと思います。最初書かれた根の先が膿んでいるところに関してはやはり今手を付けるのはどうかと思います。
 仕方ないので腫れてきたら抗生剤で散らすしかないでしょう。腫れるのは体力低下と連動しますから、向こうで身体的精神的疲れるでしょうが、良く睡眠を取り体力を温存することが大切です。
 帰国後に、最良の方法を考える…と言うことで良いと思います。差し歯を取って根の治療のやり直しの後に再度差し歯か、口腔外科等で根の先の病変の除去手術をしてもらうか、最悪は抜歯か…見ていないので、いろいろな可能性を考えますとこうなります。

 もう一つ痛くなったところは、すぐ治療開始すればまだ、10日ありますし、最後のところまで行かなくても1ヶ月ほど持つ仮詰めくらいは出来ると思います。
 虫歯が明瞭ならすぐ手を付けても良いのでは?と思うのですが、或いは痛みがあっても虫歯がはっきりとしなくて敢えて触らなかったのかも知れません。緊張感、多忙等で知覚過敏になることもあります。
 レントゲンを見て3〜4番目かな?と言われたのは、虫歯が写っていてそう言われたかも知れないですが、詰め物がそこだけにあって他のところにはない場合、虫歯がはっきり写っていなくても詰め物に隠れている可能性があってそう言われたのかも知れません。
 文では分かりにくいですが、はっきり写らなくても可能性としてはその辺り…ということで言われてかも知れない、ということです。

 いずれにしても痛いのですから、様子を見るならそれでも良いのですが、どういう状態だから様子を見て…とか(出発が近いからだけでなくて)、万が一痛みが増したらどうするとか、念のため安心のため薬を出しておきましょうとか、そのように説明していただけるともっと良いと思います。

 1ヶ月くらいでしたら治療を中断してもぼろぼろにはならないと思います。半年1年なら別ですが。
 ただし、手を付ければ向こうで何ともなく過ごせる…と保証は出来ないと思いますので、やはり万が一のために海外旅行の障害保険に入って、お金のことも考えて置く必要があると思います。
 
 過去ログの1998年8月7日にニュージーランド在住の方の質問があります。メール出せるようですから、失礼かも知れませんが万が一の場合は、向こうの歯科事情など伺ってみてはいかがでしょうか?



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.