トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 親知らずと膿胞と根治について

投稿者 長谷川千尋 日時 2002 年 3 月 12 日 14:16:02

回答先: 親知らずと膿胞と根治について 投稿者 sarimaro 日時 2002 年 3 月 09 日 00:03:32

あ、今日ですね…入院…

 まず、膿胞でなく嚢胞と書きます。字が分からなくても当然ですが、袋状の病変で、中にあるのは膿とは限りません。液体は液体ですが。膿のこともあります。
 前の歯の根治をしたのはなぜなのでしょう?
 関連しているからではなかったのでしょうか?嚢胞の外形が及んでいなければ、根治は必要ないと思うのですが、たまたま嚢胞とは別に根の先に病変があって、せっかく綺麗に除去した嚢胞の後のところに余計な感染が及ぶといけないので根治したのでしょうか?

 舌側根に充填材が入ってしまった…というところですが、根の中に充填材を入れるのはおかしくないので、はみ出た…ということでしょうか?
 実体が分かりにくいまま書くと間違うといけないのですが、嚢胞が根の先に迫っていて、その根の先から少しはみ出しても、一緒に処置するのはさほどややこしいことではないように思います。

 患者さんにも知らせてあるということは、当然紹介状にも書いてあると思いますから、口腔外科の先生にも聞いてみましょう。
 充填材が僅かにはみ出てもさほど問題はないように思いますが…
 推測が違っていたらごめんなさい。
 

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.