トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

前歯の差し歯の治療方法

投稿者 オサム  地域 兵庫県  日時 2002 年 3 月 03 日 15:45:26
前歯の差し歯の治療について悩んでおりまして、出来れば何か良いアドバイスをいただけませんでしょうか?32才男性のです。
質問は、差し歯の寿命についてと、元の歯を削り方によって今後の歯の状態に影響が出るかという2点です。
内容は、10年ほど前に、左の前歯を差し歯にしまして、その歯の上の歯ぐきが2週間ほど前から、4〜5mmぐらいの円形の腫れが出てきまして、特に痛みは無かったのですが、気になったので歯医者に行ったところ、レントゲンを撮った結果、前歯の上のところが少し黒くなっており、歯ぐきの中に細菌が入っているのではないかと言うことでした。
治療方法は、まずは歯と歯ぐきの隙間から消毒し、抗生物質の飲み薬を3日間飲んで腫れが引くかどうかみるという事でした、次の時に腫れは引いていましたが、やはり歯ぐきの中に細菌が溜まっているので、差し歯を取って元の歯を削り、歯の中にある神経があった穴を伝って、歯ぐきの中の治療をしなければならないという事でした。その場合は、歯を削るので、今までつけていた差し歯は使えなくなり、新しい差し歯をつくるのに10万円ぐらいかかると言われました。
前回差し歯にしたときに、10万円ほどの差し歯を入れましたので、10年ごとにこのような治療が必要になるのかという事が疑問に思い、他の治療法は無いですかと尋ねたところ、元の差し歯の土台のところが、金属のブリッジで無ければ、歯の後ろから穴を開け、そこから歯ぐきを治療し、また今の差し歯を元に戻すという話をされました。
私としては、後者の方が今の差し歯のまま、歯ぐきの中の治療が出来るのであれば、そちらが良いのですが、また相談しましょうということで専門家のご意見を聴いてみたいのです。
お聞きしたいのは、この2つの治療方法で、どのようなメリットとデメリットがあって、どちらが今後、歯を長持ちさせることが出来るのかをアドバイスしていただけないでしょうか?
前に、元の歯があるのなら出来るだけその歯を残しておく方がよいと聴いたことがあります。先生のご意見をお聞かせください。
歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.