トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 治療後の歯がしみるについてまた質問です

投稿者 長谷川千尋 日時 2002 年 2 月 28 日 00:43:54

回答先: 治療後の歯がしみるについてまた質問です 投稿者 ふぅ。 日時 2002 年 2 月 21 日 17:19:51

以前は山本先生が回答されましたね。
 どうしても凍みる場合どうするか?ですが、今は食事以外では何ともないのですから、すぐ神経を取るということについては抵抗があることはよく分かります。
 私でしたら、再度詰め直しをしてみます。麻酔下で一旦金属とその下の裏装材(神経の保護および削った溝の形態を整えるもの)を除去して全体を仮詰めして封鎖します。それで改善が見られれば、暫く後に金属詰め物をやり直すようにします。
 その際に新たに余分に削り込むことはしません。
 
 レントゲンで少し黒く見える部分がまだあるということは、虫歯の部分がある、という可能性もあります。ただ、現在は3MIX剤と言って、少しの虫歯ならまた堅い歯質に戻すことが出来る裏装材もあります。私は大分前から多用しています。むしろ神経のそばまでしっかりと削り取るより後で凍みることが少ないようにさえ思います。
 この辺りは歯科医により意見に差が出ることがあり、難しい部分ですが、
レントゲンで黒いイコール見落としと言うことでの取り残しとは言えない部分があります。
 
 詰め物のセットは厳重に唾液等を排除して行いますが、たまたま隙間が出来てしまっている…ということも無いとは言えません。その場合も凍みる反応がでます。よって、鈍くする処置で思わしくない場合は、詰め直しすると治まることもあります。セメントを変えることもあります。

 それで駄目なら、そして凍み方がだんだん強まる場合は、神経除去もやむを得ません。全く虫歯がない知覚過敏でも凍みが強くなり神経除去に至ることもあるほどです。
 どこで踏ん切りを付けるかですが、やはり何もしていなくて自発的な痛みが出るようなら取るべきでしょう。そこまで行かない場合は、もう少し様子を見ても良いと思います。何ヶ月、というより痛み・凍みの強さにより決断すべきと思います。
 疲れが取れると自然と治まることもあります。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.