トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 診療拒否

投稿者 山本 尚 日時 2002 年 2 月 17 日 22:28:17

回答先: 診療拒否 投稿者 紅林 日時 2002 年 2 月 14 日 21:16:56

 しばらく前から「インフォームドコンセント」ということが盛んに言われています。日本語では「説明と同意」と訳されています。紅林さんのお話を伺うと、この「インフォームドコンセント」がまったく出来ていないように感じます。
 確かに、見た目は小さな虫歯でも神経まで行っている場合はあるし、歯の中ががらんどうになってしまえば頭を落とすことをします。また、1本目と2本目は単に言い間違えただけかもしれませんが、そのあとの対応がうまく行ってないようです。担当の先生の説明が極めて不十分だったようです。
 予約が詰まっているところに急患が入ったりすると、忙しさにかまけてついつい説明が足らなくなってしまい、後で悔まれることがあります。申し訳ありません。
 さて、実際に虫歯でない歯を削ってしまったのであれば、否は完全に歯科医の側にあります。先生は誠意を尽くして謝るしかないでしょう。
 さらに、保健の治療に関しての説明でお金を請求することはないと思います。紅林さんが先生に対して不信感を持っているように、先生が紅林さんを迷惑がっているように感じられます。紅林さんがはじめからけんか腰でお話を切り出したりしたのでなければ、なぜ先生が説明をしなかったのかは分かりませんが、先生は、説明をするべきであったと考えます。
 この時点で先生には再び信頼関係を築き直す意志がないことがはっきりしていますので、転院を考えたほうが良いのではないでしょうか。
 もう一度話し合って、もし治療中の歯だけでもそこで治療しますといわれても、信頼関係のまったくないところで治療を受けたいとは思わないでしょう。
 歯科医の立場としては、非常に耳の痛いお話でした。
歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.