トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 奥歯と親知らず(その2)

投稿者 長谷川千尋 日時 2002 年 1 月 26 日 22:43:36

回答先: 奥歯と親知らず(その2) 投稿者 やまち 日時 2002 年 1 月 20 日 19:20:26


無事抜けましたか?
抜歯後はよく休んでくださいね。

1,長い目で見れば神経のない歯の法がある歯よりは早く無くなる傾向はあ ります。でも、一口に神経がない…と言っても、まだ歯質が十分ある歯も あれば、虫歯で大分削ってしまって薄い歯質しかないとか、残りが短い場 合もあります。それにより予後は大きく左右されます。
 まだ20〜30年持つ場合もあれば、数年のこともあります。
 なかなか的確な期間を言うことが出来ません。

 ご自身の手入れにも勿論左右されます。また、いつもよく使う方なのか、 あまり使わない方なのかにもよります。歯ぎしり食いしばりをするかしないか、食いしばるような力仕事やスポーツをするかしないか、顎を圧迫する寝相なのかどうか、歯周病はどうなのか…
 いろいろな要素がありすぎて私が治療したとしてもはっきりとは言いにくいです。

 2,もし、7番目の歯を抜歯した場合、その奥の歯もそのままでは使えないようですから、また、抜歯して無くなっていれば使えませんから、56番歯を利用した延長ブリッジになると思います。
 これが最も一般的でしょう。
 あるいはインプラント。部分入れ歯という選択肢もあります。どこかにすぐ抜けるような親知らずが残っている場合、歯の移植という手もあります。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.