トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯の年輪のような筋について

投稿者 長谷川千尋 日時 2002 年 1 月 20 日 18:10:19

回答先: 歯の年輪のような筋について 投稿者 なんだろう 日時 2002 年 1 月 16 日 15:39:52

今、何歳でしょう?20代後半なのか、もっと上か?
 毎日新しい細胞が出来て数日で入れ替わっていく皮膚でも、加齢とともにたるんできます。歯の硬い部分は一旦出来たら一生そのままです。象牙質の深い部分を除いては。そして毎日毎日噛んで食べるという物理的力を受けています。また、食べ物や細菌の酸や化学物質・温熱刺激…いろいろな刺激に対して抵抗して役に立ってきています。
 汚れてくることだってあるでしょう。歯磨き不足で表面に歯垢や着色がなくても、歯質その物が変色したり細かい傷が出来てくることだってあるでしょう。歯ブラシで表面も摩耗しますし、噛むことにより噛む面も摩耗(咬耗という)していきます。
 正常の範囲ならいいですが、歯ぎしり食いしばりがあると、異常に咬耗していることもあります。

 噛む力により歯が横揺れの力を受けますので、その面が咬耗する以外にも歯茎の近くあたりの横の面に応力が集中し歯質の結晶がこぼれていく現象もあります。硬い歯質表面が波状になってくることもあります。

 さて、今は何も病的な異常がなく歯質その物も加齢とともに変化することを書きました。しかし、実際に見て言っているのではありませんし、ひょっとすると、歯質の変化ではなく、裏側に虫歯があるとか、以前詰めた部分が変色ないしうっすらと虫歯が出来ているかも知れません。

 気にしなくて良いかどうかは見てみないと分かりませんので、お近くの歯科医院を受診してください。
 虫歯でなく着色なら綺麗に除去する事は出来ます。変色の場合は今は漂白と言うことも出来ます。




歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.