トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 痛くしない歯医者はあるの?

投稿者 長谷川千尋 日時 2002 年 1 月 14 日 11:05:28

回答先: 痛くしない歯医者はあるの? 投稿者 近田直美 日時 2002 年 1 月 12 日 23:34:16

多分、先生の方にもやむなく痛みを与えたまま治療した理由があると思いますが、痛いのをその場で何とかしてくれなかったという気持ちの前ではどんな理由も素通りしてしまうことでしょう。

 多分、神経の治療と思いますが、麻酔が効かないときは追加しても全く効かなくて困ることがあります。歯科医の技術や薬の効果を越えた部分でどうしようもないのです。
 では治療を中止すれば良いかというと、途中で止めるとその後何日も強い痛みに苦しむこととなり、その場で鬼のように思われても出来るだけ残った神経を除去しておくべきこともあります。
 涙されているので治療を止めても、その後痛みが続き歯科治療に対する不満が募ったでしょうし、治療を強行した結果も恐怖が募っただけで今回の結果になったわけです。どちらになっても患者さんには酷な結果となり、医療側としては歯がゆい思いです。

 だから仕方がないとか我慢しろとは言いません。
 高校生の時ということですから7〜8年前と思いますが、その後非常に細い麻酔注射針が発売され、歯と骨の隙間に良く入り麻酔が効きにくい患者さんや効きにくい部位でもほとんど効かせることが出来るようになりました。
 今まで通りの歯茎への注射で麻酔が効きにくい方でも、絶対効かないと言うものでもありません。日を新たにすれば今度は効いた…ということもあります。
 以前効かなくて大変だったという情報があれば、用心しながらその日の治療を進めることによって後戻りできない段階まで行かないように注意して治療することも出来ます。

 笑気吸入鎮静法を用いて身体の緊張をほぐして治療するとか、東洋医学で言うツボ刺激をして緊張をほぐしたり麻酔を良く効かせるようにしたり術後の痛みが減るようにしたりすることも出来ます。
 レーザー治療で痛くない、エアアブレーションで痛くない治療…という宣伝もネット上では見られます(ただこれらは浅い虫歯に限られます)。
 エイクレスという痛みを軽減する或いは麻酔を良く効かせると言う機械もあります。
 いずれにしてもこれらはごく一部の医院にしかありませんから、もし近在にあれば受診する医院の選択の一助として下さい。

 特別な機械がなくても、よく話を聞いてくれる歯科医に出会うことが出来れば、痛みも克服できると思います。ご主人や友人知人の方に評判の良いところを聞いて早めに受診するようにしてください。そして、あなたももう人の子の親です。ちょっと痛かったからもう嫌だ…と短絡的に考えず、冷静に判断して欲しいと思います。
 また、概して疲れているときは神経が過敏になり、痛みが強かったり麻酔が効きづらかったりします。今まさに痛いのでなければ、なるだけ元気な時に行くのが歯科治療の苦痛を軽減するコツでもあります。


歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.