トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 親知らずと知覚神経

投稿者 浅野恭正 日時 1999 年 4 月 19 日 22:37:27:

回答先: 親知らずと知覚神経 投稿者 ボーマン 日時 1999 年 4 月 14 日 14:17:46:

: 来週の木曜日(4月22日)に親知らず4本を抜く手術を大学病院で受けます。

ひやぁ〜。
遅くなってごめんなさい。22日はもうすぐですね。
 
: 今日は手術に備えて血液検査を受けてきました。 その際に、右下の親知らずの根元が知覚神経のそばを通っているので、手術後に唇のあたりの感覚が鈍くなることがまれにあると担当医の方がおっしゃっていました。 感覚が鈍くなったとしても、それは一次的なものなのですぐに直り、また、知覚神経は運動神経とは違うので麻痺が起こる可能性は全くないともおっしゃっていましたが、とても不安です。 このような“感覚の鈍り”とは誰にでも起こることなのでしょうか? このまま手術を受けて良いのでしょうか? 教えてください。 

“感覚の鈍り”は誰にでも起こることではありません。しかし可能性はあります。神経が近くにありますので。
担当医の先生が「麻痺が起こる可能性は全くない」と言われているので額面どおりうけとってよろしいかと思います。
担当医の先生が説明されるのは、術後一時的にではあるにせよなにか症状が出たときに安心していただくためにです。術後の不安を少なくするためのものです。
担当の先生が「全くない」とおっしゃっておりますので手術を受けていいのでは?
あとは親知らずをこのまま残すことの影響と天秤にかけて、ご自身で決断下さい。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.