トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: すきっ歯

投稿者 長谷川千尋 日時 1999 年 4 月 08 日 09:57:54:

回答先: すきっ歯 投稿者 みどり 日時 1999 年 4 月 05 日 22:03:18:


 もっとも簡単な方法としては、両サイドの歯が差し歯でなければ、コ
ンポジットレジンという白い樹脂の材料を1ミリずつ詰めて形を整えれ
ば、それこそ1日でできます。
 僅かに虫歯があれば、保険でもできます。見た目を良くしたいという
理由だと本当は自費ですが。
 しかし、その方法では一度付けたものがまた取れやすく、1〜2年で
やり直さなければならないかも知れません。変色もしてきます。よって
あまりお奨めではないのですが。
 
 しっかり行うには、1つにはラミネートベニア法といって、薄いセラ
ミックをすき間がなくなるように作って張り付ける方法があります。こ
の場合、僅かに歯の表面を削ります。
 これでは強度的に弱いと判断される場合は、ある程度削ることになり
ますがすき間のないようにセラミックの歯をかぶせて治す方法も考えら
れます。
 セラミックは変色はありませんし、一旦処置すれば最低でも10年以
上保つはずです。
 これらは2回でできます。費用は医院よって差がありますので書きに
くいところですが、1本につき7〜8万かそれ以上はかかるはずです。

 以上いずれも欠点は、歯が大きくなってしまうことでしょう。2ミリ
の幅を1ミリずつ大きくしても、見た目に真ん中の歯だけやけに目立つ
ということもあります。削るということも欠点です。
 他の歯を含めた歯並びを見ないと何とも言えませんが、2本だけ歯を
寄せるのであれば、時間はかかっても矯正の方が安くできてしまうこと
も考えられます。

 もう1つ、すいてる歯の間の骨を削って少し割り、そして歯を寄せる
という外科的な方法もありますが、これはなかなかやってくれる歯科医
はいないでしょう(口腔外科でも)。私も経験はないのですが参考まで
に。


                 ∞ 健康な歯で幸せもかみしめて∞
                   はせがわ歯科医院
                   長谷川 千尋
                   ec2530@ecall.co.jp
                  quhkan@mb.infoweb.ne.jp
                 海部郡甚目寺町大字森字下田室58-1
                 TEL052-441-1423 FAX052-443-6082

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.