トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 咬み合わせについて

投稿者 長谷川千尋 日時 1999 年 3 月 10 日 10:51:20:

回答先: 咬み合わせについて 投稿者 健治 日時 1999 年 3 月 05 日 00:20:21:


>>咬み合わせについて
>>
>>投稿者 健治 日時 1999 年 3 月 05 日 00:20:21:
>>
>>現在20歳ですが、最近歯の咬み合わせが悪くなってきたのではと思います、
>>1年ぐらい前までは咬んだときに上と下の歯が同じくらいだったのに今は咬ん
>>だら少し下の歯が前にでています。それに、会話をするときに、言葉がはっき
>>り発音できないことがあり自分でも何を言っているのかわからない時がありま
>>す、前はこんなことはなっかたと思います。会話がうまくできないのはとても
>>辛いのでやはり咬み合わせを直した方がいいのでしょうか?
>>----------------------------------------------------------------------

 歯周病以外について、ちょっと考えました。

 現在二十歳だということは、まだ成長期は終わっていないので、下顎
が過成長ぎみなのかもしれません。
 小中学生のときに矯正はしていないでしょうか?

 舌の先がいつも口の中の下方にある人の場合、唾液を飲み込む動作を
するとき、下の歯を押すので下の前歯が出てくる可能性はあります。何
も食べていなくても1分間に2〜3回は飲み込む動作をしています。
 上の歯がきちんと下の歯を覆っていれば、或いは成長が止まっていれ
ば、あまり変化はないのですが、「上と下が同じくらいだった」という
ことなので悪習癖による突出ということも可能性としてはあります。
 舌の先は安静時は上の歯に接するかしないかのギリギリのところにあ
るのが良いのです。
 舌の先をのどの方に巻く練習を1日100回くらいすると多少改善す
るかも知れません。

 他には、しゃべりにくいのは、もっと重要な病気をはらんでいること
もありますのであまりに舌がもつれたりする場合は、医科できちんと検
査をする必要があります。発音しにくいという舌の異常が「主」で、噛
み合わせの変化がその結果かも知れないのです。
 稀ですが、下の前歯のあたりの骨に腫瘍か嚢胞があり、それにより前
歯が出てきたということも考えられます。

 まったく見ずに言っているので、どれも見当違いかも知れませんが。

 
                   ∞ 健康な歯で幸せもかみしめて∞
                     はせがわ歯科医院
                       長谷川 千尋
                       ec2530@ecall.co.jp
                       quhkan@mb.infoweb.ne.jp
                    海部郡甚目寺町大字森字下田室58-1
                    TEL052-441-1423 FAX052-443-6082

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.