トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

歯周病について

投稿者 歯 日時 1999 年 3 月 04 日 19:30:07:
 2年前くらいに歯茎からの出血があり、口臭もあり(他人に言われたのですが)自分が歯周病であると思い、出血をこらえ歯磨きをきちんとしました。痛くても我慢して磨き、出血がおさまる頃には歯茎がやせ、(骨が溶けたということですね)歯が随分長く見えるようになりました。出血が治まり、きちんと磨けていると思っていたのですが、痛み出す箇所がでてき、口臭もあるようでなかなかよくなりませんでした。最初に出血した時に、病院に行けば良かったのですが、この歳で歯周病だなんて…と(現在は21歳)恥ずかしさがあり、先送りにしてしまいました。
 それから1年くらいして、本屋さんで”患者が選ぶ歯科医”と言うような本で歯周病治療に力をいれている歯科医院を捜して、勇気を出して診てもらいました。結果、歯肉炎ということで1度だけブラッシング指導を受け、先に虫歯治療をするとのことでしたが、それだけで終わってしまいました。自分でどうにかするしかないと思い、歯周病に関する本を読みました。歯磨き、食生活の重要性、生活習慣の見直し…。いろんなことが原因となるとわかりました。その本の著者は歯周病は治ると断言しておられ、随分と励まされました。結局は自分が頑張るしかないと思いますが、短期でどうにかなるものでもなく、頼れるところがなく、心細いです。
 今は本を読み出した頃より、不安定で、ストレスを溜めやすく、歯と歯茎に悪いと思いながらも、続けてしまうことが多々あります。やはり歯を抜くまで治ることはないのかという思いと、口臭が気になります。また、歯茎がやせ、歯と歯の間に隙間ができ、前歯が出て、話しにくい言葉があります。これは矯正などで動かせることはできるのでしょうか。
 長々と書き連ねてしまいました。誰にも相談できずにいたのでこのような場があることが救われた気持ちです。お願い致します。
歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.