トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 口呼吸

投稿者 長谷川千尋 日時 2001 年 4 月 09 日 11:02:55

回答先: 口呼吸 投稿者 匿名希望 日時 2001 年 3 月 26 日 13:46:27

 遅くなり済みません。
 今の若い人(若くなくても)は口呼吸の人が非常に多いです。口呼吸で
も太った人もいますから、痩せと口呼吸は必ずしも一致しません。
 見ずに言うと違うこともありますが、うつ伏せかうつ伏せ傾向の横向き
寝ではないでしょうか?うつ伏せだと、顔が下になりますから頭の重みで
左右から顔がつぶれて分厚い百科事典のような頭の形になります。顎も横
から圧されますので幅が細く出っ歯になります。

 鼻で呼吸できる人は喘息にはなりません。口呼吸だから喘息にもなった
…という場合もあります。鼻は外からの空気に湿気を与え、体温に温め、
塵に付いてやってくる外来の細菌・ウィルスなどを鼻毛で除去します。そ
の後に残ったものをのどのリンパ組織で除去し消化します。
 口呼吸だと、いきなり乾いた、冷たい、細菌いっぱいの空気がリンパ組
織に来ます。よって十分消化出来ず、そこに細菌・ウィルスが居座ってし
まいます。よって排出しようと咳が出ます。
 実際には、そう単純でないことは承知しています。口呼吸でも、喘息で
なく、他の様々なアレルギー症状、免疫病にもなります。口腔に限れば、
高度の歯周病になります。

 冷たいものをよく飲むと喘息は起きやすいです。冷たいものを摂りすぎ
ると腸が冷え、良くないものまで吸収してしまいます。それにより白血球
やリンパ球が余分に働かなくてはならず、のどがおろそかになります。栄
養も摂れません。
 
 白血球リンパ球は骨髄で出来ます(胸腺もあるが)。睡眠時間が短いと
寝ている間に血球は新しく作り替えられますので、十分な量が新しくなら
ず、くたびれた血球で免疫の対処をするので働きが悪くもなります。うつ
伏せやエビ状で寝ると骨に力が掛かっていますから、やはり十分な骨休め
が出来ません。仰向け寝が大切です。

 また、良く噛むことにより免疫組織を賦活できます。今後は、8時間以
上仰向けで寝て、鼻で息をし、冷たいものは程々にし、左右で良く噛むこ
とが大切です。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.