トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

アマルガムについて

投稿者 さっち 日時 2001 年 3 月 31 日 15:48:59
下にも アマルガムについての質問がありましたが、私も質問させて下さい。先日歯の治療に、歯科医に行ったのですが、その部分以外に小さな虫歯もあるので全部治療したほうがいいと言われました。その時点で、それは納得したのですが、最初から治療するつもりだった歯の治療が終わってから、次のようにいわれました。

・昔詰めたアマルガムの周囲に小さな虫歯が出来ている
(削れて段差が出来ている部分もある)
・アマルガムには水銀が含まれていて体に良くない
・今は虫歯無くても、アマルガムを詰めているところは虫歯が出来やすい
・なので、アマルガムで詰めている歯は全てとってしまって全部金属をかぶせたほうが良い
(ちなみに、10本ほどあります...)

とのことでした。
虫歯の治療をするのは仕方ないと思うのですが、アマルガムの説明のときに「毒性がある」とか「アルツハイマーの原因になる」など、ちょっと大げさに説明されたのと、特に問題の無い歯を、また削って金属をかぶせることに抵抗があります。
しろうと考えですが、少し削って詰め物をしている、と言う状態と、型をとって金属をはめ込む、と言う状態では、型取りするほうがたいそうなことに感じてしまいます。
小さな治療痕だったところが、ギンギラになってしまうかとおもうと...
過去logを読むと、別に型取り→金属をはめる、にしなくても、他に詰め物をするという方法も考えられると思うのですが。

実は引っ越したばかりで、初めての歯医者なので、(歯医者さんには申し訳ないですが)その分ちょっと疑心暗鬼になっていると思いますが。
29才女性です。よろしくお願いいたします。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.