トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯肉のがん

投稿者 長谷川 千尋 日時 2013 年 6 月 17 日 23:21:41

回答先: Re: 歯肉のがん 投稿者 心 日時 2013 年 6 月 17 日 17:42:42

塩化ナトリウムは食卓塩と同じです。
 フェノール、チモール、チョウジ油は抗菌作用の薬剤。
 ラウロイルサルコシンNaは界面活性剤。濡れを良くする、油と水の両方を混ざる作用。
 プロピレングリコールは溶剤。炭酸カルシウムは研磨剤。パラベンは防腐剤です。

 「自然派」の立場からだと、良くないものばかり…ということになりますが、
 認可されたものを使用している限り、普通の使用で良くないとは言い切れません。
 界面活性剤や防腐剤が良くない…と言われていますが、化粧品を始め多様なものに添加されています。

 私としては、歯の表面を歯茎のそばや歯と歯の間も含めてきれいに磨けば、いちいち歯茎のマッサージをする必要は無いと思います。
 やっても良いですが、やらないといけない…ということは全くありません。
 菌の供給が無くなれば歯茎は戻るので、歯磨きを第一に考えれば良いと思います。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.