トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯肉のがん

投稿者 長谷川 千尋 日時 2013 年 6 月 11 日 21:50:30

回答先: Re: 歯肉のがん 投稿者 心 日時 2013 年 6 月 09 日 22:43:03

書かれている状況で、タイトルのようにがんになる心配はほぼゼロと考えてよいでしょう。
長期に渡る慢性刺激などで、ガンになることはあり得ますが、書かれていることから推測すると、食物が良く挟まることによる歯茎の炎症と思われます。
 歯茎がはれぼったいのでクラウンが食い込んでいるように見えるだと思います。
 対策としては、再度、食物が入らないような形態を考慮してクラウンを作り直してもらうことです。
 ただ、
 噛み合う下の歯の山の形によっては、上のクラウンにどうしても食い込んでくるような噛み合い方の状態が存在することもあります。
 その場合は、下の歯の山を少し削る必要が出てくることもあります。
 他には、クラウンを作るときに隙間をわざと広くし、食べ物が入り込んで停滞しないようにすぐ取れるようにしておくとか、2本のクラウンを連結して作るとか、状態に応じて工夫をする必要が出ることもあります。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.