トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 神経抜いた後の痛み

投稿者 長谷川 千尋 日時 2013 年 2 月 22 日 00:19:19

回答先: Re: 神経抜いた後の痛み 投稿者 ゆぴ 日時 2013 年 2 月 19 日 11:53:03


歯の中の神経除去(抜髄)は、大した痛みもなく済むこともあればなかなか痛みが引かない場合もあります。
 歯の中の神経が入っている部分(根管)の壁は洞窟のように凸凹ですし、細かい枝分かれをしている場合もあります。
 神経の治療とは、神経を除去するとともに、洞窟壁をトンネルのように滑らかにしていきます。また、神経除去の後の傷から出た血餅や炎症物質も除去します。
 皮膚の小さな傷は、血餅で覆われてその後自然に取れて治っていきます。
 しかし、同様に出来た歯の根の先の傷は、細い根管の奥なので、器具で除去しないと傷が治りません。
 治りきっていない傷のあたりを接触させるので、痛みが出るのです。
 痛い=神経除去が出来ていないということではありません。
 但し、器具の入らない細い枝わかれがあると、その部分は直接神経を取ることが出来ず、器具が触っていつまでも痛いことも時にあります。その場合は再び麻酔することもあります。器具で除去できない部分は、神経を殺す薬を浸して乾死させます。
 神経の治療とは以上のようなことを同時に行っています。
 回数がかかることもありますが、普通はだんだん痛みは無くなっていきます。
 一過性の痛みについては鎮痛薬で対処してください。



歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.