トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 神経抜いた後の痛み

投稿者 長谷川 千尋 日時 2013 年 2 月 14 日 00:44:06

回答先: Re: 神経抜いた後の痛み 投稿者 ゆぴ 日時 2013 年 2 月 13 日 11:12:11


>>神経を抜いた歯はいずれ抜歯しなければならない可能性があるということです。
 この部分はちょっと短絡的な思います。
 ご自身の経験から、神経取ったら数年後に抜歯…と思われているのかもしれませんが、神経を取った歯で何十年も持ってる例はいくらでもあります。
 神経を取ると、次にまた虫歯が出来ても自覚症状が無いので気づくのが遅れて知らないうちにかなり進行してしまう…ということは実際にあります。
 ですから抜歯にならないようにするには、定期的に健診などすることが肝要と思います。
 神経を取って被せたら、一見わかりませんが歯ぐきとの境目、根もとのあたりに歯質がわずかに露出しています。新たな虫歯はそこからできますので、歯と歯の間、歯ぐきのそばを良く磨くことです。
 今考えるのは早すぎですが、
 現在の保険の決まりで言えば、3番から6番のブリッジは可能です。
 前歯は被せる場合自動的に保険では硬質レジン前装冠というものになり、銀歯ではなく白い歯にできます。4番の部分も表はだいたい繰り抜くので、噛む面は金属でも側面は歯の色に出来ないことはありません。
 歯が短いなど、うまく金属を隠せない場合には4番も銀色が見えてしまうことはあり得ます。
 きちんと白くしたい場合は保険外になります。
 ブリッジでは3番を新たに削る必要がありますが、インプラントは基本的に残存歯と繋がないので、
3番は手つかずにして45のみインプラントで歯を入れることは出来ます。
 ただ、上の奥歯は骨が薄いこともあり、骨の厚みを作る手術を併用する必要があることもあります。
 インプラントが良いのかブリッジが良いのかについては、どちらでも選択できる場合には、特に絶対どちらにすべき…という決まりはありません。
歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.