トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯肉ガン

投稿者 長谷川千尋 日時 2012 年 12 月 02 日 22:59:20

回答先: Re: 歯肉ガン 投稿者 はな 日時 2012 年 11 月 28 日 15:14:50

 まず、最初のタイトル質問の歯肉ガンでないことは確かでしょう。
 何で、「問題のなかった」クラウンを作りなおしたかは疑問ですが、低かったということをそのまま受け取ると、隣の歯との段差ができると食物が食い込みやすくなります。クラウンが出来る前のことは関係ないです。仮のものの時に詰まって炎症が起きてもクラウンが合っていれば治まります。
 低くなってものが挟まって痛いということですから、高さを揃える必要があります。
 ただ、隣の歯が欠けていると言われたということですが、それが事実であれば、健康な歯ではなくて治療すべき歯ということです。また、段差によりものが詰まるのではなく欠けていたことで間に食物が詰まっていたとしたら、欠けた隙間を直すように修復することは正しいと言えます。
未だに痛いということは、一度挟まったものが歯磨きしても長期に歯茎に食い込んでいるのではないでしょうか?フロスや歯間ブラシで良く清掃すれば引くかもしれません。
 あるいは、
 最初に作りなおしたときに、見えない隙間から菌が侵入してその歯の根の先で化膿しているかもしれません。作りなおしたクラウンの適合と関係なく、作りなおしたことをきっかけに根の先に炎症が起きることがあります。
 その場合はクラウンを作り直すだけでなく、根の治療をしてから作り直す必要があります。
 また、クラウンと関係なく、歯周病が進行して腫れていて痛いということもあります。
 繰り返し治療している歯は、根に亀裂が入り、それで痛いこともあります。もし亀裂がある場合は分割抜歯またはその歯を抜歯しなければならないこともあります。
 見ていないので、実態と違うことも想定して、可能性のあることをだいたい書いたつもりです。
 とにかく再度診てもらうしかないです。
 歯科医院の持ち出しになったとしても、症状が継続しているのですから、外す必要があるのなら外して再治療するしかありません。

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.