トップへ お医者さん辞典トップへ
戻る

Re: 歯を削られ不安です 2

投稿者 長谷川千尋 日時 2001 年 3 月 13 日 10:14:17

回答先: 歯を削られ不安です 2 投稿者 のり 日時 2001 年 2 月 28 日 15:06:51

お待たせしました。
書きにくいので後にしているうちに体調を崩して、睡眠時間を
たっぷり取っていました(1日10〜11時間)のでさらに遅れて
しまいました。
 しかし、どういうふうに書くべきか正直悩みます。
 何か書いても、どう受け取られるのかが少し心配です。よく前置き
しているように、実際に診察しているわけではないので、誤った解答を
する可能性はあるにせよ、のりさんの期待した文言でない場合でも、
そういう可能性もあるかも…と素直に、と言うか、今苦しい中にも
人の言葉を聞く耳を持ってほしい…ということです。

 たとえば、治療した歯科医を肯定したり、のりさんの主張を否定したり
しても、すぐ落胆せず考え方の一つとして留めてほしいと思います。
あーそうです、あなたの言うとおりです…と言われれば心地は良いと
思いますが、それは違うのではないか?と言われた場合に、あーこの人も
私を分かってくれない…ではなく、そういうこともあるかも…という
考えを持つ必要があります。
 また、今苦しい状況であるというのは分かりますが、どなたかに相談は
されたでしょうか?ご家族とか友達とか…。誰かの励ましもあるといいの
ではないか?と思います。

 まず、書きやすいことから答えます。
 後段の質問です。
1,歯科用の充填物は口の中に留まるものであり、金属であれ樹脂であれ
薬事法の対象です。通常は悪影響は心配ありません。
2,長期的には、口腔周辺の習癖でどんな方でも長い間には形に変化は
起きます。今の状態は改善いないといけないでしょうが、長い間には、
今のよくないことが原因なのか他のことなのか判断できなくなると思います。
3,健康な歯はなるだけ削らない方がよいに決まっていますが、今言った
健康な歯とは、健康な「歯質」を削らない、ということですが、歯並び
やかみ合わせが悪く、その歯の一部を削った方が口全体ひいては身体全体に
良い影響となる場合は、歯質は健全でも健康な歯とは言えないこともあります。
少し削ったら残った歯も悪くなると言うことはありません。
4,歯は削ったらその部分は戻りません。歯の中の象牙質や歯の周囲の
セメント質は僅かですが再生する力はありますが外に出ているエナメル質は
再生しません。
5,年を取っても手入れが行き届けばどんどん弱くなると言うものでも
ありません。
しかし、もともとの歯の質というものもあります。
6,治りたい…という気持ちがあれば治ると思います。歯科医の責任だから
総て何でも歯科医が治すものだ…と思わず、(最初の先生に頼むわけにも
いかないでしょう?)自分でも体調を整えようという気持ちがいるのでは
ないでしょうか?
 
途中治療した歯とか、どんなことをされたかが書いてありますが、どこに
樹脂が詰めてあるからそれが何かの症状の原因だとか、どこを削ったらどん
な症状だとか、そういうことは分かりません。
 ちなみに、実際に見れば、この部分があの症状と関係がある…などと分か
こともあります。
 のりさんが削られたと思っている部分は、多分違います。
 つるつるしていて鋭利なものですぱっと切り取ったような…と表現されて
いますが、そこは削ったところではありません。削ったことが本当だったと
してもその部分は違います。その部分は毎日の食事や噛みしめなどにより、
すり減った部分です。「咬耗」(こうもう)と言います。噛み合う面が摩耗
していくことです。
 どの歯にもありますが犬歯や小臼歯でよく見られます。ちょうどご自身で
見つけた歯と概ね一致します。犬歯などは先が削り落とされたように平らに
なっています。
 上流のごつごつした岩が中流に行くと丸まった石になっていくように、摩
耗するというと角が取れていく感じがするかもしれませんが、歯の咬耗は違
います。尖ったり丸い角がだんだん平らに角が立ってくるのです。これは、
咬む面の一方向からだけすり減るからです(歯ブラシによる摩耗はのぞく)。

 器具で削った部分は、研磨しても咬耗ほどはつるつるにはなりません。本
当に歯科医が削ったのかも知れませんが、そのつるつるした部分を拠り所に
削られた…と思っていらっしゃるのならそれは違うと思います。繰り返しま
すが、直接見ていないので断定は出来ませんが、「鋭利なものでスパッと削
ったような跡があり、ツルツルしています。横から見ると歯の形に角度がつ
いて斜めに切り取ったようになっています」という表現から、すぐ、咬耗だ、
と思いました。
 以前は無かった…と思うかも知れませんが、ふつう自分の歯を細かく観察
されていないと思いますし、若い人でも結構すり減ることはあります。

また、左右を試験紙で調べた理由ですが、のりさんの思っている通りに
あちこち削ったからかもしれないですし、左右どちらかだけ、或いはごく
一部の歯だけの場合だも、ほかの部分と比べるためにさわらない部分も
咬ませて見ることはよくあります。左右紙を咬ませたから両方削ったはず…
ということではありません。

 あと、症状の分析ですが、朝起きたときから痛む…ということは、
眠っている時にその痛みの原因があると言うことです。寝たら疲れが
取れているのが普通です。朝痛いというのは、寝ているときに歯ぎしり・
食いしばりをしているか、うつ伏せないし横向き寝でも顔や顎を圧迫する
ような寝方をしている可能性があります。
 何もしていない状態の時は、上下の歯は当たっていないのが正常です。
2〜3ミリ空いています。削られた後に伸びたわけではないと思います
ので、調整後にいつも気になるようになったので、つい噛みしめてしまう
のか、それとも以前より噛みしめている癖があって、歯を削った結果感じ
が変わったので一部だけが当たるように今感じるのか…どちらでしょう?
 いずれにしても、何もしていないときは舌が上顎に軽く触る状態で
上下の歯は噛んでいないのが普通ですから、そのように意識されるのが
よいです。

 それから、睡眠は最低8時間必要です。悩みがあり寝付けなくても
8時間は仰向けで横になって骨休めすることが肝要です。低い柔らかめの
枕か、枕無しで寝てください。うつ伏せやや海老状に丸まって寝ていると
だんだん身体が歪んできます。歯を削らなくても身体に加わる力で骨や歯
は変形・移動するのです。逆に考えれば、そうならないように努力すれば
それだけで戻すことも出来るのです。
 短時間睡眠の方は結構敏感なことが多いようにも思います。

 そして、多くの方はもともと噛み癖があります。以前は左右両方で
噛めていたようですが、特別意識していない限り、よく噛む側と噛まない
側が必ず存在します。今、どちらか噛みにくいとしても意識して両方で
よく噛む努力をされると良いのではないでしょうか?
 鏡を正面で見て、ふっくらしている方が噛まなかった側でほっそり
している方が噛んでいた側です。ふっくら側を噛むようにすると左右対称
になってきます。
 思い出したので、噛みしめの害を書きます。E=CALLの
「ニコニコ健康ライフ」に99年1月書きましたが(まだ見られます)、
食いしばりが原因で口が開かなくなった女性は、子供が一人亡くなった
と言うことが原因で食いしばりが起こり、それを指摘されて止めただけで、
口が開いただけでなく付随した愁訴も無くなってしまいました。
日中食いしばっていた主婦は、(99/6/12書き込み)頭痛やら
何やらいろいろな愁訴がありましたが、食いしばりを止めることと
マッサージで治りました。内科ではよく分からずCT取らないといけない
かなとか、整形で首の牽引がいるかも…と言われたようでしたが、
ただの噛みしめ癖だったのです。
 悩んで食いしばっていると余計に症状が増える可能性があります。

 歯は間歇的な力については繰り返し多くかかることは身体に良いの
ですが(すなわち食事の時よく噛むこと)、持続的な力とか横からの力
には弱いのです。
 様々な症状が出たのですごく歯を削られたと感じておられるかも
知れませんが、見ずに言うのは不適当ではありますが、おそらく量
としてはほんの僅かであろうと推測します。口の中はもともと敏感で
小さな口内炎一つで凄く痛いし、髪の毛一本入っても分かりますし、
詰め物は10ミクロン単位で感覚があります。ですから、どこかが
当たらない…と感じても肉眼的にはちゃんと噛んでいるように見えます。

 ということは、長い間には歯のすり減りもあるので、上に書いたような
ことに該当することがあれば、治すことも可能かも知れません。

 実際に治療するとしても、もし私の診療室に来られたと仮定すると、
疑心暗鬼の塊の方にどう対応するか、なかなか難しいです。話を聞く
ことはできます。1時間でも2時間でも。それで治れば万々歳ですが、
なにか歯を触る必要がある場合、ひとまずは 何もできないでしょう。
 マッサージぐらいは出来るかな?と思いますが。
噛み合わせを整えるために健全な歯質を僅かに削ることが、絶対的に
悪ということではありません。少し削っただけで長年の肩こりが無くなる、
背中の痛みが無くなる…と言ったようなこともあります。少し歯を削れば
すむことだったのに、ずっと整形外科で治療していたのは何だったのだ…
というようなこともあるのです。
 しかし、同じような噛み合わせに遭遇しても、噛み合わせ以外の
様々な要素が交錯して実際には不定愁訴が出ています。こうすれば絶対
治る…というものははっきり言ってありません。ある程度は試行錯誤的に
行うことも必要です。削ることは出来ないので足らないと思われる
ところに盛り足して、もし不調が変わらなければ或いは悪化すれば、
元に戻せばいいかな…と思いますが、元に戻しただけでもそのときに
余計に削ったのではないか?と疑われるかもしれません。既存の詰め物を
取るだけでも、ついでに余分に削られたのでは?と疑われそうです。
レントゲン取っても何かその後で不調が起きると、レントゲンのせいで
どこかがおかしくなった…と思われるかもしれません。
 歯を触るといけないので、ではスプリント(マウスピース)をはめよう
としても、果たしてはめていられるか?という気もします。
 
 何かしてあげなければ…と思いつつも、何かすると自分も悪者に
なるかも…と思えば、なかなか火中の栗を拾おうとする歯科医は現れません。
もし、どなたかの紹介でどこかを受診したとして、この先生なら…
と思えたら最初うまくいかなくてもひとまず、すぐ落胆せずじっくり
構えて治療に臨むようにしてほしいと思います。

 言うことが二転三転する…と言うことですが、これだけいろいろ
言われると、一つの方法でうまくいくとはいえないし前言を撤回したり、
それこそ訳分からなくなっても不思議ではありません。

 私も長々書いていると、どこかで相反することを書いているかも知れません。

 実際にまたどこか受診するとすれば、歯科だけでなく、心療内科などと
歯科を相互に受診した方がいいのではないか?と思います。
 多少遠くても、歯学部か歯科大学の付属病院に行くとか、都道府県の
歯科医師会の相談窓口に聞かれてはいかがかとも思います。
 例えば愛知県歯科医師会では電話相談がありますし、他の県でもあるかも
知れないですし、今は各県歯科医師会がホームページを出していますから、
メールして最寄りの病院などを聞くと良いのではないか?とも思います。
 

    ∞長谷川千尋♂♂
   健康な歯で幸せも噛みしめて
    はせがわ歯科医院
 愛知県海部郡甚目寺町森下田室58−1
  Tel 052-441-1423 Fax 052-443-6082
http://www2.ecall.co.jp/dental.html
  e-mail ec2530@ecall.co.jp
http://www.hasegawa.dental-town.com

歯の診察室Q&Aトップへお医者さん辞典トップへ
Copyright(C) since 1998 MyKomon Project All Rights Reserved.